2014年02月15日

最強の黒人ロックンロール・デュオ★ドン&デューイC

DON & DEWEY - KOKO JOE [Specialty 639] 1958



DON & DEWEY - KOKO JOE [Specialty 639] 1958
(S.Christy)
Pub: Venice BMI
Matrix Number: 45-SP-639-5137

specialty_639.jpg

DON & DEWEY - GET YOUR HAT [Specialty 691] 1964



DON & DEWEY - GET YOUR HAT [Specialty 691] 1964
(D.Terry Jr. - D.Harris)
Venice BMI
Matrix Number: 45-SP-691-52764-1 △-52806

specialty_691.jpg

DON & DEWEY - LITTLE SALLY WALKER [Fidelity 3018] 1960



DON & DEWEY - LITTLE SALLY WALKER [Fidelity 3018] 1960
Venice BMI
Matrix Number: F3018-17<0>

fidelity_3018.jpg

img_136502_1345885_0.jpeg

Search-
"DON & DEWEY" to Night Beat Records



♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 19:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTubeでレコード紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2014年02月14日

最強の黒人ロックンロール・デュオ★ドン&デューイB

DON & DEWEY - JUNGLE HOP [Specialty 599] 1957



DON & DEWEY - JUNGLE HOP [Specialty 599] 1957
(Terry - Harris)
Pub: Venice BMI
Matrix Number: 45-SP-599-5047

specialty_599_a.jpg

DON & DEWEY - A LITTLE LOVE [Specialty 599] 1957



DON & DEWEY - A LITTLE LOVE [Specialty 599] 1957
(Terry - Harris)
Pub: Venice BMI
Matrix Number: 45-SP-599-5049

specialty_599_b.jpg

don_dewey_300.jpg
Don & Dewey

Their's another best tunes from Legendary Specialty Cuts!
Wild and Crazy two sider!

Search-
"DON & DEWEY" to Night Beat Records
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 19:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTubeでレコード紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2014年02月12日

最強の黒人ロックンロール・デュオ★ドン&デューイA

DON & DEWEY - JUSTINE [Specialty 631] 1958



DON & DEWEY - JUSTINE [Specialty 631] 1958
(Terry - Harris)
Pub: Venice BMI
Matrix Number: 45-SP-631-5122

justine_don_and_dewey.jpg

DON & DEWEY - BIM BAM [Specialty 631] 1958



DON & DEWEY - BIM BAM [Specialty 631] 1958
(Terry - Harris)
Pub: Venice BMI
Matrix Number: 45-SP-631-5120

bim_bam_don_and_dewey.jpg

引き続きドン&デューイのレコードをご紹介させていただきます

330687148841.jpg
Don & Dewey

ロックンロール〜ガレージ系の定番曲としておなじみ="Justine"は彼らがオリジナルとなるR&B古典曲です。ハードなドライブ感と、二人がシャウター系ボーカルという圧倒的な馬力にノックアウトされた一曲。正直、最初の印象では同レーベルのリトル・リチャードが優等生に思えてしまえるほどのインパクトがあった。

squires08.jpg
Don & Dewey with Johnny Otis

しかもこのシングルの裏面に配された"Bim Bam"も、"Justine"に負けず劣らずのブラック・ロックンロールというクレイジーさ!

Johnny-Otis-White-evangelist-for-black-music-B5S411H-x-large.jpg
Don & Dewey with Johnny Otis

"Bim Bam"は英エイス・レコード編集の裏BESTアルバム「Bim Bam」のタイトルにもなっています

26807642_mb.jpg
【商品をみる↓】
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=26807642

Search-
"DON & DEWEY" to Night Beat Records
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 18:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTubeでレコード紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2014年02月11日

最強の黒人ロックンロール・デュオ★ドン&デューイ@

DON & DEWEY - FARMER JOHN [Specialty 659] 1959



DON & DEWEY - FARMER JOHN [Specialty 659] 1959
(Terry - Harris)
Pub: Venice BMI
Matrix Number: 45-SP-659-5179

farmer_john_don_and_dewey.jpg

DON & DEWEY - BIG BOY PETE [Specialty 659] 1959



DON & DEWEY - BIG BOY PETE [Specialty 659] 1959
(Terry - Harris)
Pub: Venice BMI
Matrix Number: 45-SP-659-5181

big_boy_pete_don_and_dewey.jpg

ジ・オリンピックスがカヴァーした"Big Boy Pete"のオリジネーター=ドン&デューイの2作品をご紹介させていただきます

b.don and dewey.jpg
Don and Dewey with Johnny Otis

チャートヒットはないR&Bデュオながら、50年代のロックンロール・ファンにはよく知られている、Specialtyレーベルを代表するロックンロール四天王です(他はロイド・プライス、リトル・リチャード、ラリー・ウィリアムス)

johnny_don_dewey.jpg
Don and Dewey with Johnny Otis

オリンピックス・バージョンの"Big Boy Pete"はDJでもたまにかけるし好きなのですが、ドン&デューイの原作は逆にオリンピックスぽく作られておりこれまた最高です。

don_dewey_300.jpg
Don and Dewey

その裏面曲の"Farmer John"は、ザ・サーチャーズザ・プレミアーズなんかでもおなじみのロックンロール・クラシックス!

Search-
"DON & DEWEY" to Night Beat Records
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 19:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTubeでレコード紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2014年02月10日

★ジ・オリンピックス スタイルのジョニー“ギター”ワトスン

JOHNNY WATSON - UNTOUCHABLE [Arvee 5016] 1960



JOHNNY WATSON - UNTOUCHABLE [Arvee 5016] 1960
(Smith - Goldsmith)
Arvee Music Co. BMI
Matrix Number: A-5016-A-D2

untouchable_johnny_watson.jpg

JOHNNY WATSON - JOHNNY WATSON [Arvee 5016] 1960



JOHNNY WATSON - JOHNNY WATSON [Arvee 5016] 1960
(Watson)
Arvee Music Co. BMI
Matrix Number: A-5016-B-D2

johnny_guitar_johnny_watson.jpg

嗚呼、永遠のブルース〜R&B〜ソウル名人=ジョニー“ギター”ワトスンで2作品ご紹介させていただきます

Johnny+Guitar+Watson+-+Hit+The+Highway+-+LP+RECORD-547963.jpg
Johnny "Guitar" Watson

ジ・オリンピックスを手がけるプロデュース・チーム= Fred Smith & Cliff Goldsmith が手がけた、1960年 Arvee 吹き込みが、オリンピックス・スタイルで良好です。"Untouchable"は、オリンピックスの"Private Eye"みたいなシャッフルR&Bで痛快。と、その裏面曲の"Johnny Guitar"も同路線の陽気さがえぇ塩梅です。

JGW-Nice1.jpg
Johnny "Guitar" Watson

「イェ〜〜〜〜ィ!」と歌う威勢の良い歌も良いし、ペケペケ・ギターもワイルドで最高!

Search-
"JOHNNY WATSON" to Night Beat Records
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 20:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTubeでレコード紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2014年02月09日

★ジ・オリンピックスのR&B2作品

THE OLYMPICS - BABY, IT'S HOT [Arvee 5056] 1962



THE OLYMPICS - BABY, IT'S HOT [Arvee 5056] 1962
(Harris - Terry)
Venice Music Co., Inc. BMI
Matrix Number: A 5056B D-1

arvee_5056.jpg

THE OLYMPICS - COOL SHORT [Titan 1718] 1961



THE OLYMPICS - COOL SHORT [Titan 1718] 1961
(Smith - Goldsmith)
Elizabeth Music Aries Music BMI
Matrix Number: 45-T1-735 △39155

titan_1718.jpg

初期の ザ・ライチャス・ブラザーズ にも影響を与えたR&Bグループ ジ・オリンピックス をご紹介させていただきます

The_Olympics_.jpg
The Olympics

L.AがベースのR&Bグループで、主にザ・コースターズ路線のノヴェルティー・ドゥーワップや、ダンス・ナンバーを専門としており、1958-1966年の間に「Western Movies」「I Wanna Dance With the Teacher」「Private Eye」「(Baby) Hully Gully」「Big Boy Pete」「Shimmy Like Kate」「Dance By the Light of the Moon」「I Wish I Could Shimmy Like My Sister Kate」「Little Pedro」「Dooley」「The Bounce」「Dancin' Holiday」「Good Lovin'」「Mine Exclusively」「Baby, Do the Philly Dog」をヒットさせています。

個人的にも大好きなグループで、DJではよく「Shimmy Like Kate」や「Good Lovin'」をプレイしたし、怪しげなレイ・チャールズ風の「The Bounce」なんかもフェイバリット・チューンです。ここらへんのサウンドはまた別の機会に取り上げてみたいと思います。

Johnny-Otis-White-evangelist-for-black-music-B5S411H-x-large.jpg
Don & Dewey with Johnny Otis

ドン&デューイが書き下ろした1962年の「Baby, It's Hot」は、Big Boy Grovesの「I Gotta New Car」に似たブルージーさ、かつ本格的なドゥーワップでスーパー・クール。

1961年のTitan録音「Cool Short」は、ボビー・フリーマン風のロックンロールで痛快!

Search-
"THE OLYMPICS" to Night Beat Records
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 17:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTubeでレコード紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2014年02月08日

★初期のザ・ライチャス・ブラザーズはオリンピックス・スタイル

THE PARAMOURS - PRISON BREAK [Smash 1701] 1961



THE PARAMOURS - PRISON BREAK [Smash 1701] 1961
(Bill Medley)
MRC Music Inc. BMI
Matrix Number: YW 21598 2 E498a

smash_1701.jpg

THE PARAMOURS - MISS SOCIAL CLIMBER [Smash 1718] 1961



THE PARAMOURS - MISS SOCIAL CLIMBER [Smash 1718] 1961
(Bill Medley)
MRC Music Inc. BMI
Matrix Number: YW 21597 2

smash_1718.jpg

ザ・ライチャス・ブラザーズBill Medley は、活動の初期に ザ・パラモアーズ というグループを結成してリード・ボーカルを担当している

zzzzzzzzzzzzzzzzzz.jpg
The Paramours

ホワイト・ドゥーワップ・コレクター様のサイトからの情報によると、オリジナルのメンバー構成は Mike Reiter , Sal Fasulo , Bill Medley , Don Fiduccia とのこと。そして間もなく Sal Fasulo がグループ脱退後に、 Bobby Hatfield が加入しており、Bill Medley と Bobby Hatfield がコンビ(ザ・ライチャス・ブラザーズ)を結成するきっかけとなっている

the_olympics_1958.jpg
The Olympics

この ザ・パラモアーズ が面白いのは、ホワイト・ドゥーワップの全盛期にも関わらず、ジ・オリンピックス をイミテートしたノヴェルティー・スタイルからスタートしたという点にある。

79712936.jpg
Phil Spector with Brian Wilson and Mike Love of the Beach Boys, and Bobby Hatfield of the Righteous Brothers

しかしそれだけに固執せず、徐々に高度なポップ・スタイルを確立していくビル・メドレーの豊かな才能は、後に Philles レーベルで フィル・スペクター と切磋琢磨するほど大きなものとなる。

the-righteous-brothers-soul-and-inspiration-verve.jpg

ビル・メドレーは、1966年にはフィル・スペクター抜きで、"フィル・スペクター風"の大作「(You're My) Soul & Inspiration」を完成させて全米No.1ヒットを樹立し、フィル・スペクターを嫉妬させるほどの天才ぶりを発揮した。

RighteousSoulUSA.jpg

Search-
"THE PARAMOURS" to Night Beat Records
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 18:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTubeでレコード紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2014年02月07日

ボブ&アールに影響を受けた★ザ・ライチャス・ブラザーズとドン&ボブ

THE RIGHTEOUS BROTHERS - LITTLE LATIN LUPE LU [Moonglow 215] 1963 Rare Early Version



THE RIGHTEOUS BROTHERS - LITTLE LATIN LUPE LU [Moonglow 215] 1963 Rare Early Version
(Bill Medley)
Ray Maxwell Music BMI
Matrix Number: 45M-215-1 45434

moonglow_215.jpg

DON & BOB - GOOD MORNING LITTLE SCHOOL GIRL [Chess Test Press (Argo 5400)] 1961



DON & BOB - GOOD MORNING LITTLE SCHOOL GIRL [Chess Test Press (Argo 5400)] 1961
(Level, Love)
Arc Music BMI
Matrix Number: T.M 11026

argo_5400.jpg

ボブ&アールに影響を受けたデュオといえば、映画"ゴースト"の「Unchained Melody」(←これは実質 Bobby Hatfield のソロ)etc.でおなじみ=ザ・ライチャス・ブラザーズが挙がる

The+Righteous+Brothers.jpg
The Righteous Brothers

個人的にライチャス・ブラザーズといえば、Moonglow 期の「Justine」や「Koko Joe」をDJでよくかけていた時期があり、今回取り上げた「Little Latin Lupe Lu」も同様に好きなR&Bナンバーだった。しかしここ数年間はシーン自体の趣向が変わり、自分自身でも長らくこの手のサウンドをかけなくなったが、決して忘れ去ったわけではない。
ロマンスに酔っているだけに聞こえるかもしれないが、自分にとってロックンロールは生涯不滅のテーマなのだ。

Swingin_Summer.jpg
ザ・ライチャス・ブラザーズが出演した映画 "Swingin' Summer" のポスター

というわけで、再評価というわけでもないが、「Little Latin Lupe Lu」に面白い別バージョンが存在した事を発見したので取り上げてみよう

moonglow_215_stock.jpg
通常の Moonglow #215 のレーベル画像

まずレーベルのデザインが通常見かけるものとは異なり、コミック調でユニーク。曲もイントロと間奏部分のアレンジが決定的に異なり、これはこれで全然ありだと思われるが、どういったわけかヒット盤では大きくカットされている。そして ボブ&アール スタイルで熱唱するツイン・ボーカルが、初期のブルーアイド・ソウルとして大きく開花したといえる60's クラシックスだ(実際彼らは黒人オーディエンスからも多数支持されたという)。

The+Righteous+Brothers+Righteous+Brothers+at+the+stud.jpg
The Righteous Brothers

ついでにもう一曲、ボブ&アール スタイルのドン&ボブというマイナーなR&Bデュオによる、サニー・ボーイ・ウィリアムスン1世の古典的ブルース演目のダンサブル・カヴァー「Good Morning, Little Schoolgirl」を取り上げておきます。こちらも「モッ度」数高めの良好R&B!

argo_5400_stock.jpg
Argo #5400 通常盤のレーベル画像

Search-
"THE RIGHTEOUS BROTHERS" to Night Beat Records
Search-
"DON & BOB" to Night Beat Records
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 19:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTubeでレコード紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2014年02月05日

★「Harlem Shuffle」以前のボブ&アール

BOB & EARL - FANCY FREE [Tempe 102] 1962



BOB & EARL - FANCY FREE [Tempe 102] 1962
(Robert Relf & Earl Nelson)
Fore-Site Music Co. BMI
Matrix Number: H-102-B E-9532

fancy_free_bob_and_earl.jpg

BOB & EARL - OH YEA [Tip 1013] 1964



BOB & EARL - OH YEA [Tip 1013] 1964
(Robert Relf & Earl Wilson)
Fore-Site Music BMI
Matrix Number: TIP-3005 △-51348 (MR)

oh_yea_bob_and_earl.jpg

R&Bデュオつながりで、「Harlem Shuffle」でお馴染み=ボブ&アールの初期作品をご紹介させていただきます

Bob-and-Earl.jpg
Bob & Earl

50年代からドゥーワップ・グループ The Voices 〜 The Hollywood Flames で共に活動していた、ボビー・デイ(「Rockin' Robin」のヒットで有名な人)とアール・ネルスン(後にジャッキー・リー名義で「The Duck」をヒットさせる)がコンビを結成し、公式には1959年から使った名義

JACKIE3.jpg

1962年にはボビー・デイがソロ活動を再び本格化し始め、アールは「2代目ボブ」として、ボビー・レルフを新しい相方としています

bobbyrd-earl1.jpg

有名な1963年の「Harlem Shuffle」は、新生ボブ&アールでのヒットという事になります。

以上、今回取り上げた2曲とは無関係の話題ですが、ザ・ライチャス・ブラザーズも影響を受けたであろう初期の上質なR&B 2作品お楽しみください

Search-
"BOB & EARL" to Night Beat Records
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 19:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTubeでレコード紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2014年02月04日

★有名になる前のサム&デイヴによるマイナーな2曲

SAM & DAVE - YOU AIN'T NO BIG THING BABY [Roulette 4480] 1963



SAM & DAVE - YOU AIN'T NO BIG THING BABY [Roulette 4480] 1963
(Glover-Levy)
Jon Ware Music Corp. - Frost Music Corp. BMI
Matrix Number: 17217-1A BellSound

you_aint_no_big_thing_baby_sam_and_dave.jpg

SAM & DAVE - I TAKE WHAT I WANT [Stax 175] 1965



SAM & DAVE - I TAKE WHAT I WANT [Stax 175] 1965
(Hayes - Hodges - Porter)
Pub., East-Cotillion, BMI
Matrix Number: STX-9179-11 AT

i_take_what_i_want_sam_and_dave.jpg

Mod R&B (の定義て何ぞや?)つながりで、ダブル・ダイナマイト=サム&デイヴの初期作品を2曲ご紹介させていただきます

67double-dynamite-sam-dave.jpg
Sam & Dave

デュオでは1962年に大手ルーレット・レコードと契約し(デビューは前年の Alston , Marlin レーベルが最初期録音)、初期はヘンリー・グローヴァーのプロデユースにより、わりと都会的なR&Bを録音しています。中でも1963年のアーリーソウル「You Ain't No Big Thing Baby」は、ノーヒットながらになかなか秀逸です。

J&B5.jpg
James & Bobby Purify

james-and-bobby-purify-i-take-what-i-want-bell.jpg
James & Bobby Purify の1967年のシングル

1965年のメンフィス=スタックス・スタジオ録音「I Take What I Want」は、ソウル・ファンの方ならご存知の様に、1967年にジェームス&ボビー・ピューリファイがナショナルヒットさせる同曲のオリジナル・バージョンです。原曲はチャートヒットは記録しておらず、全体の仕上がりもサザンソウルというよりは、ロックンロール的なシンプルなアプローチが際立ったR&Bで、個人的にはこの過渡期の不安定さが好きなタイプです。

sam-dave-04.jpg
Sam & Dave

2作品お楽しみください

Search-
"SAM & DAVE" to Night Beat Records
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 18:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTubeでレコード紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2014年02月03日

Mod R&B 古典曲「Watch Your Step」別テイク+ブルース★ボビー・パーカー

BOBBY PARKER - WATCH YOUR STEP (Rare Early Version) [V-Tone 223] 1961



BOBBY PARKER - WATCH YOUR STEP (Rare Early Version) [V-Tone 223] 1961
(Bobby Parker)
Caldwell Music BMI
Matrix Number: 223AX

watch_your_step_bobby_parker.jpg

BOBBY PARKER - BLUES GET OFF MY SHOULDER [Vee-Jay 279] 1957



BOBBY PARKER - BLUES GET OFF MY SHOULDER [Vee-Jay 279] 1957
(Bobby Parker)
Conrad BMI
Matrix Number: 57-743

blues_get_off_my_shoulder_bobby_parker.jpg

アメリカから帰国後〜絶賛時差ぼけ継続中+疲労で、早寝遅起きの健康的?な生活です。夜起きていられないのは良いですね。

bobby_parker_early.jpg
Bobby Parker

先日のアメリカ出張で見つけた、ボビー・パーカーさんのモッドR&Bクラシックス=「Watch Your Step」の別テイクを発見したので取り上げてみます

beatles-hamburg.jpg
The Beatles

(「Watch Your Step」/ザ・ビートルズの「I Feel Fine」の元ネタとなり、英スー・レーベルからリリースされたモッズ愛聴R&Bとしてもおなじみの名曲)

a5f16f8b4e4f6b92df99621dddba4a51.jpg

よく知られたバージョンのレコードと同じ型番(V-Tone #223)なので見た目には判別不可能ですが、実際に針を落としてみるとギターとサックス、ボーカルが全く異なり、曲の最後も不自然にフェイドアウトする。まぁなんというか未完成にも聞こえるテイクで、もしかするとデモ・テイクをミスでプレスしたという可能性も考えられる妙盤だ。

ob_main_parker_021383517625.jpg
Bobby Parker

しかし、いつまでもこういった興味深い発見があるから7インチ・ディギンはやめられない。
ついでにもう一曲、ボビーさんの初期代表曲となる、ヴィージェイ録音のブルースもアップしておきます(これもドロドロしててサイコー!)

Search-
"BOBBY PARKER" to Night Beat Records
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 19:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTubeでレコード紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2014年02月02日

R.I.P マイティー・ハンニバル

JIMMY SHAW - BIG CHIEF HUG-UM AN' KISS-UN [Imperial 5603] 1959



JIMMY SHAW - BIG CHIEF HUG-UM AN' KISS-UN [Imperial 5603] 1959
(Harris & Shaw)
Wren Music
Matrix Number: 45-IM-2133 S1 5603

big_chief_hug_um_jimmy_shaw.jpg

THE MIGHTY HANNIBAL - JERKIN' THE DOG [Decca 31876] 1965



THE MIGHTY HANNIBAL - JERKIN' THE DOG [Decca 31876] 1965
(James Shaw)
Heather Lee Music - Campion Music Corp.
Matrix Number: 45 116707 1

jerkin_the_dog_mighty_hannibal.jpg

先日アメリカ出張より無事帰国しました。2週間かけてアメリカ東海岸〜中西部〜西海岸をまんべんなくまわってきたので、今回の仕入れは量/質共に充実した内容となりました。NIGHT BEAT RECORDS店頭には、新規買い付け7インチ盤1,000枚以上が出揃いましたので、近くに寄られた際にはぜひDIGりにお越しください。

mightyhannibal.jpg
The Mighty Hannibal

2014年に入ってから50s/60sレジェンドの訃報が続いておりますが、先日はザ・マイティー・ハンニバルさんが逝去されました

12169838426_de6af28ee8_o.jpg
The Mighty Hannibal

5741255f6f55fb403a5d91d2bdbea6ec.jpg
R.I.P The Mighty Hannibal

"Mr.ヒモ"としても知られる破天荒なR&B〜ソウル歌手ですが、アメリカ南部に根ざしたディープかつワイルドな音楽性が支持されて、Norton Recordsからもアルバムが編まれている名歌手です。彼の2作品を、謹んでご紹介させていただきます。

Search-
"MIGHTY HANNIBAL" to Night Beat Records
Search-
"JIMMY SHAW" to Night Beat Records
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 17:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTubeでレコード紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2014年01月16日

明日よりアメリカ出張のお知らせ!と、エディー・クリアウォーターのR&B

EDDIE CLEARWATER - A REAL GOOD TIME [Federal 12463] 1962



EDDIE CLEARWATER - A REAL GOOD TIME [Federal 12463] 1962
(J.Peterson - Sonny Thompson)
Sonlo BMI
Matrix Number: F-45-793-1

a_real_good_time_eddie_clearwater.jpg

EDDIE CLEARWATER - HEY BARNADINE [Federal 12463] 1962



EDDIE CLEARWATER - HEY BARNADINE [Federal 12463] 1962
(Eddie Cleawater - Sonny Thompson)
Sonlo BMI
Matrix Number: F-45-788-1

hey_bernadine_eddie_clearwater.jpg

明日からしばらくアメリカまでレコード買い付けに旅立って参ります!

clearwater-performing-guitar-head-dress-940afr062211-1308776112.jpg
Eddie Clearwater - インディアン嘘つかない

また余裕があれば現地より買い付け日誌を更新予定です。
本日取り急ぎのお知らせと共に(バタバタしてるもんでスミマセン)、エディー・クリアウォーターの2曲をお楽しみください

Eddy_Clearwater.jpg
Eddie Clearwater

Search-
"EDDIE CLEARWATER" to Night Beat Records
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 21:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTubeでレコード紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2014年01月13日

Cobra Records のブルース★マジック・サム+アイク・ターナー

MAGIC SAM - EASY BABY [Cobra 5029] 1958



MAGIC SAM - EASY BABY [Cobra 5029] 1958
(Willie Dixon)
Armel Music BMI
Matrix Number: Sheldon 45-C-1054 189

cobra_5029.jpg

IKE TURNER'S KINGS OF RHYTHM - BOX TOP [Cobra 5033] 1959



IKE TURNER'S KINGS OF RHYTHM - BOX TOP [Cobra 5033] 1959
(Ike Turner)
Armel Music BMI
Matrix Number: Sheldon 45-C-1067 189

cobra_5033.jpg

ブラック・ロックンロールつながりでマジック・サムの「21 Days In Jail」をピックアップしようと思ったら、すでに過去にアップしていたので(覚えきれてない)、そのシングル裏面の「Easy Baby」をご紹介させていただきます

Magic-Sam-700x466.jpg
Magic Sam

Easy Baby」はシカゴ・ブルース古典曲として知られる名曲ですが、元ネタはアン・コールの「Easy, Easy, Baby」と言われています(彼女はマディーに「Got My Mojo Working」もパクられてるし、なかなか不幸ですね)

41JPM5VZX1L._SL500_AA300_.jpg
Ann Cole

そして同じくコブラ・レコードにも録音がある、アイク・ターナー大親分の「Box Top」は、ドクター・フィール・グッド&ジ・インターンズ風のラテン調R&Bです。ボーカルは Tommy Hodge , Carson Oliver の二人とのこと。

Ike+Turner++The+Kings+Of+Rhythm+IkeTurnerKoR.jpg
Ike Turner's King's of Rhythm

※今回アップした Cobra 5033 のコンディションが悪すぎてスミマセン。気楽にクリーン・コピーを探し中です。

Search-
"MAGIC SAM" to Night Beat Records
Search-
"IKE TURNER" to Night Beat Records
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 19:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTubeでレコード紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2014年01月12日

ブラック・ロックンロール!★ビッグ・アル・ダウニング

BIG AL DOWNING - MISS LUCY [Carlton 489] 1958



BIG AL DOWNING - MISS LUCY [Carlton 489] 1958
(Al Downing)
Mustang Music BMI
Matrix Number: 45-crc-545-1

carlton_489.jpg

BIG AL DOWNING - YES I'M LOVING YOU [V-Tone 215] 1960



BIG AL DOWNING - YES I'M LOVING YOU [V-Tone 215] 1960
(Al Downing - Poe - Sandusky)
Mustang Music BMI
Matrix Number: VT-215-A RECORDING RECO-ART PHILA.

vtone_215a.jpg

引き続きビッグ・アル・ダウニングで2作品をご紹介させていただきます

downing_big_al_rockin_rolli.jpg
Big Al Downing

リトル・リチャード路線の王道をいくブラック・ロックンロール「Miss Lucy」は、1958年に White Rock 1113 でリリースされた作品の大手 Carlton ディストリビュート盤。一作前の「Down On The Farm」と比べると、白っぽさがない本気ブラック・ロッカーです。ワイルドなボーカルもふんばってて良いですね。

big-al-downing-yes-im-loving-you-sue.jpg

Yes I'm Loving You」は、UK Sue WI 341 でもリリースされていた、オリジナル・モッズ愛聴曲としておなじみのR&Bクラシックス。50'sでも60'sもどちらでもイケるタイプの万能ブラック・ロックンロールです。実はブログ掲載用として棚から引っ張り出してきて久々に聴きましたが、やっぱりよく出来た曲でスンバラシイですな〜

Search-
"BIG AL DOWNING" to Night Beat Records
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 19:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTubeでレコード紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2014年01月11日

ブラック・ロカビリー★ビッグ・アル・ダウニング

AL DOWNING with THE POE KATS - DOWN ON THE FARM [Challenge 59006] 1958



AL DOWNING with THE POE KATS - DOWN ON THE FARM [Challenge 59006] 1958
(Al Downing)
Mustang Music BMI
Matrix Number: 190 45NO-1111-S-2 20727

down_on_the_farm_al_downing.jpg

AL DOWNING with THE POE KATS - OH! BABE [Challenge 59006] 1958



AL DOWNING with THE POE KATS - OH! BABE [Challenge 59006] 1958
(Al Downing)
Mustang Music BMI
Matrix Number: 45-NO-1111-S-1 191 20726

oh_babe_al_downing.jpg

引き続きビッグ・アル・ダウニングの2作品をご紹介させていただきます

787264566546.jpg
Big Al Downing

決して多くはないんですが、黒人アーティストが「ロカビリー」を意識してやっている作品というのがあります。簡単に言うと、白っぽいロックンロールをやったブラック・ミュージシャンといった感じでしょうか?

downing_big_al_rockin_rolli.jpg
Big Al Downing / ローラーコースターのこのアルバム良いですよ↑

"メリーさんの羊"風の「Down On The Farm」は、White Rock 1111 に吹き込まれたデビュー作品の同年 Challenge ディストリビュート盤。黒人白人混成のロカビリー・グループ ザ・ポーカッツ でリードボーカルとピアノを担当したビッグ・アル・ダウニングさんの主役作品です。裏面の「Oh! Babe」は完全にリトル・リチャード路線のロックンロールとなる2サイダー盤!

chartbusters5.jpg
The Chartbusters

ちなみにこのザ・ポーカッツはのちに The Chartbusters となり、1964年に Mutual レーベルよりビート派ロックの名曲「She's The One」を一発ヒットさせています。



Search-
"BIG AL DOWNING" to Night Beat Records
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 19:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTubeでレコード紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2014年01月10日

"ジョージア・スロップ"★ジミー・マクラックリン+ビッグ・アル・ダウニング

JIMMY McCRACKLIN - GEORGIA SLOP [Mercury 71516] 1959



JIMMY McCRACKLIN - GEORGIA SLOP [Mercury 71516] 1959
(Jimmy McCracklin)
Actual Music BMI
Matrix Number: YWM-16514-MS1 E4532

georgia_slop_jimmy_mccracklin.jpg

BIG AL DOWNING - GEORGIA SLOP [Columbia 4-43185] 1964



BIG AL DOWNING - GEORGIA SLOP [Columbia 4-43185] 1964
(Jimmy McCracklin)
Matrix Number: ZSP-79190-2C

georgia_slop_big_al_downing.jpg

引き続きジミー・マクラックリン関連でレコード2作品をご紹介させていただきます

EverybodyRock.jpg
Jimmy McCracklin

Georgia Slop」は前回ご紹介させていただいた「Let's Do It (The Chicken Scratch)」のシングルの裏面曲のせいか作風がモロに似ていますが、これはこれ、あれはあれで、といったスタンスで楽しみたいナンバーです。こちらは電撃エレキ・ギターが痛快なロックンロール派R&B!

ad-signed1.jpg
Big Al Downing

Yes, I'm Loving You」でおなじみ=ビッグ・アル・ダウニングさんは、2000年代まで活動したR&Bマンです。
近影では良さそうなおじさんですが、初期の50〜60年代は本気のロックンローラーだったという輝かしい黒歴史があります。

bigad.jpg
Big Al Downing

黒人アーティストにしては珍しく、ロカビリーに取り組んでいた個性派です(この頃の作品も良いのでまたの機会に)
ダウニングさんのバージョンの「Georgia Slop」はV.Aコンピ盤「Stompin'」や「Twistin' Rumble」等に収録されており、このバージョンも(マニアには)すでにお馴染みといった印象のブラック・ロックンロール・クラシックス!

Search-
"JIMMY McCRACKLIN" to Night Beat Records
Search-
"BIG AL DOWNING" to Night Beat Records
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 19:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTubeでレコード紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2014年01月08日

R&Bレコード(手抜き投稿)★ジミー・マクラックリン

JIMMY McCRACKLIN - LET'S DO IT (The Chicken Scratch) [Mercury 71516] 1959



JIMMY McCRACKLIN - LET'S DO IT (The Chicken Scratch) [Mercury 71516] 1959
(Jimmy McCracklin)
Actual Music BMI
Matrix Number: YWM-18414-MS1 E4533

lets_do_it_jimmy_mccracklin.jpg

JIMMY McCRACKLIN - THE WOBBLE [Mercury 71412] 1959



JIMMY McCRACKLIN - THE WOBBLE [Mercury 71412] 1959
(Jimmy McCracklin)
Actual Music BMI
Matrix Number: MSIV YWM-16512-4

the_wobble_jimmy_mccracklin.jpg

Search-
"JIMMY McCRACKLIN" to Night Beat Records
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 19:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTubeでレコード紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2014年01月07日

ブルース名作「Just Got To Know」と、その裏面曲★ジミー・マクラックリン

JIMMY McCRACKLIN - THE DRAG [Art-Tone 825] 1961



JIMMY McCRACKLIN - THE DRAG [Art-Tone 825] 1961
(Jimmy McCracklin)
B Flat Pub. BMI
Matrix Number: 0849-618-2-RE

the_drag_jimmy_mccacklin.jpg

JIMMY McCRACKLIN - JUST GOT TO KNOW [Art-Tone 825] 1961



JIMMY McCRACKLIN - JUST GOT TO KNOW [Art-Tone 825] 1961
US Pop #64- / R&B #2-
(Jimmy McCracklin)
B Flat Pub. BMI
Matrix Number: 0829 AT6181

just_got_to_know_jimmy_mccracklin.jpg

引き続きジミー・マクラックリンのレコードをご紹介させていただきます

120701-14.jpg
Jimmy McCracklin

完成された Imperial 時代も最高なのですが、その前となるベイエリア産のローカル盤= Art-Tone での諸作品も見逃せず最高なのです。

Just Git To Know」は当時ビルボード・ポップチャートで最高64位/R&Bチャートで最高2位を記録したヒット曲で、ブルースのスタンダードと言っても過言ではない名曲です。手作り感満載のヌメっとした音質と、チリチリ鳴ってるチープなプレスも含めたブルース臭がたまらない一曲。

Twistin_Rumble_8_vorne.jpg
Twistin' Rumble Volumes 8

そしてその裏面曲の「The Drag」は、チェッカー時代の「The Walk」をワイルドなダンス・ナンバーに仕上げた悪乗りR&Bロッカー!我らが Crypt Records 編集のV.A盤「Twistin' Rumble Volume 8」にも収録ひらめき

Search-
"JIMMY McCRACKLIN" to Night Beat Records
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 19:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTubeでレコード紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2014年01月06日

R&B Classics 「The Walk」★ ジミー・マクラックリン

JIMMY McCRACKLIN - THE WALK [Checker 885] 1958



JIMMY McCRACKLIN - THE WALK [Checker 885] 1958
US Pop #7- / R&B #5-
(Jimmy McCracklin - Garlic)
Arc Music BMI
Matrix Number: 45-8619

the_walk_jimmy_mccracklin.jpg

JIMMY McCRACKLIN - EVERYBODY ROCK [Checker 893] 1958



JIMMY McCRACKLIN - EVERYBODY ROCK [Checker 893] 1958
(Jimmy McCracklin & Norse)
Arc Music BMI
Matrix Number: 45-8709 4

everybody_rock_jimmy_mccracklin.jpg

引き続きチェス・レコード関連で、ジミー・マクラックリンのレコードをご紹介させていただきます

EverybodyRock.jpg
Jimmy McCracklin

彼の代表作品でR&Bクラシックスな「The Walk」は、定番だからと言って決して無視できない名作だ。この曲には長年クールさを感じており、その感想は今でも変わらず、針を落とす度に新鮮な感動を与えてくれる。
ジャンプ・ブルースの系譜にある洒落たグルーヴに、ロックンロールの要素を多分に含んだロッキンR&B!"ザ・ウォーク"という新ダンス・チューンだった事も画期的です。当時全米ポップチャートで最高7位/R&Bチャートで最高5位を記録しています。

そしてもう一曲の「Everybody Rock」は「The Walk」をフォローアップした同年録音作品ながら、決してお気軽なリメイクではないロックンロール派R&B!ちなみにこれは昨日の「Get Tough」の裏面曲です

Everybody Rock!

Search-
"JIMMY McCRACKLIN" to Night Beat Records
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 19:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTubeでレコード紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。