2013年05月24日

ツイスト御礼☆



遅ればせながら、先週末は主催の「大阪ツイスト&シャウト」はありがとうございました!

久々の日曜デイタイム開催でしたが、早い時間からたくさんかけつけていただき本当に嬉しかったです。
楽しんでいただけましたでしょうか。
GW前からイヴェント・ラッシュとなる5月でしたが、勢いはそのままにといった感じで、終始盛り上げてくださった出演者の皆様、ご来場のお客様、ツイスト・クルー、そしていつもやりやすい環境を提供してくれるclub Stompのスタッフの皆様に感謝&感謝です!

IMG_0809.jpg

DJ momo♪
今回のトップバッターは桃ちゃんから。New Breed R&B/PopcornからR&Bロッカーズまで、トップチューン&キラーチューンのオンパレード!オープン後の18時から目(耳)の離せない充実のプレイ。ドレスも素敵かつ、お客さんの会話の中から「桃ちゃんの背中めっちゃ綺麗」をこの日何度耳にしたことか。男子も女子も悩殺する系素敵女子。

IMG_0810.jpg

DJ Okada
今回は早い時間帯からお客さんが踊ってくれていたのが印象的で、岡ちゃんの早い時間帯のDJも、Titty Shakers〜ロックンロールの流れに、得意のMCを乗せたゴールデンタイム並みの熱血プレイでフロアを沸かせていました。

岡ちゃんいわく、「早い時間だからといって、ゆっくりやったらフロアもゆっくりなるんスよ」と、なるほどもっともな意見。そしてその後、僕の出番(毎度写真無し)は、「早い時間やから、まったりいこう」モードのチャチャ・マンボな選曲で、せっかく先の二人が暖めてくれたフロアにも空白が出来るという大誤算...!しかし途中からPopcorn数曲〜ブラックロッカーの流れでなんとか挽回は出来たかな〜?(ご意見お待ちしております)

IMG_0866.jpg

DJ Misato from Paradise
一人目のゲストDJは今回初めて参加してくれたミサトちゃん(from Paradise / 6.01開催)。Calypso〜Ska〜Reggaeまで、力強さと心地良さが選曲の流れにあり、ノセるとこはノセて、揺らすとこは揺らしてくれるという最高の時間でした!ベッピン&実力派DJ女子(しかも素敵ママ)。

IMG_0867.jpg

友情出演:ファイアーさんは、楽屋でも楽しませてくれます(笑)

IMG_0868.jpg

そしてファイアーさんのご機嫌MCから、『ザ・バニーズ』のLIVEがスタート!(ファイアーさんありがとうございました!)

IMG_0869.jpg

バニーズさんは個人的にも大ファンで、今まで何度もステージを見させていただいており 毎回「良いな〜」とウットリしていますが、今回も最高!

IMG_0870.jpg

初めて聞いた「Cara lin」や、ホリーズ・バージョンの「Stay」のカヴァー曲も見事にハマっており、ロッカバラード系のオリジナル曲(タイトル失念)も心に染み入りました。

見て良し、踊って良し、聞いて良し、と三拍子揃った約40分間のステージは、のめりこんで見ていたらあっという間に過ぎ去り、再びファイアーさんのMCによるアンコールで白熱のライヴは終了。いや〜、本当に良かった。

またバニーズさんにはぜひやっていただきたいと思う曲が色々あるので、今度ぜひお願いしてみよう!
年内にリリース予定のニューアルバムも楽しみです。

IMG_0871.jpg

DJ Cat Mom Sally from Hidden Charms 北海道
そしてこの日の為にわざわざ北海道からかけつけてくれた、DJ サリーちゃん。New Breed R&B〜Popcorn、女性ヴォーカルやロックンロール系でバッチリ期待に応えてくれたプレイは圧倒的でした。しかも驚くくらい良いレコード持ってるもんな〜。それでいて、言い方は変かもしれないけど、威張らない姿勢には感服です。色々素敵すぎる女子。

IMG_0872.jpg

モモつぁん&サリちゃん(ファンの為に隠し撮り系?)

IMG_0873.jpg

DJ Dan from The Great WILD CHILD Show 北海道
個人的にも注目しているLatin Soul/Boogaloo系から、New Breed R&B/Popcornまで、一歩先行くトレンディーなセレクトでフロアを熱くしてくれました。ダンさんも良いレコードいっぱい持ってるもんな〜!内心「かけてくれるかな〜」とワクワク期待はしていたのですが、無言の期待に応えてかけてくれた、爆音で聞くLittle joe Hintonにはシビれましたな〜。
当日ダンさんから頂いたCD「The Great Wild Child Show Vol.3」(←関口先生のHPへのリンク)の内容も圧巻で、正直ぶっ飛びました。世界に目を向けた価値観を持ってらっしゃる、雄大かつ聡明さに敬服です。

IMG_0802.jpg

こんな感じで今回のツイストも、最後までお付き合いいただきありがとうございました!
新作のmix CDは気に入っていただけましたでしょうか?
あまり聞く機会もないのですが、また感想等聞かせていただけますと幸いです。

そして最後に、次回のツイストは「2012年7月13日(土)」に開催決定です!

ゲスト・ライヴには...
20130507195414f7b.jpg

Diddley Bowの経営、ディスクユニオンからの新作リリースも絶好調、ビッグ・ジェイ・マクニーリーとも競演、エゴラッピンでも活躍(森さんお元気かしら)、その他諸々でめちゃ売れっ子バリサク奏者女子&熱血シャウター浦朋恵 ちゃんをお迎えし、&ウィズ...

488.jpg
その浦ちゃんバンドに、世界的名ギタリスト Rockin' Enocky 氏の参加も決定!

ゲストDJも絶賛オファー中です!
ぜひ今からスケジュールを確保して楽しみにしておいてくださいね。

PS:トップの動画は、RoadMoviesていうアプリで撮影したのですが、面白いですね。
また今度はちゃんとした動画で撮影して、編集してアップに挑戦したいと思います。

♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 01:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2013年05月12日

新作ツイストCDのご案内。タイトル「DOWN IN MEXICO」50's Cha-Cha, Mambo, Rumba, Calypso and Latin R+B Mix!



2013_05_19_front.jpg

一週間後に開催が迫る、OSAKA TWIST AND SHOUTでプレゼントさせていただく新作のツイストCDの情報が入ってまいりました!
こちらも併せてチェックよろしくお願いいたします♪
今回のCDは久々のDJ Mix仕様です!
コメントはまたのちほど追記させていただきます。


Twist Records.053
DOWN IN MEXICO
50's Cha-Cha, Mambo, Rumba, Calypso and Latin R+B Mix!

053.jpg

<収録曲>
01. ANNA VALENTINO - Calypso Joe [Dot 15543] 1957
02. THE SOPHOMORES - What Can I Do [Epic 5-9259] 1958
03. ROVERS - Ichi-Bon Tami-Dachi [Capitol 3078] 1955
04. THE TURBO-JETS - Far East Cha Cha Cha [Federal 12353] 1959
05. CHRIS POWELL - Chinatown [Groove 4G-0128] 1955
06. THE HARPTONES - Mambo Boogie [Bruce 104] 1954
07. THE GLADIOLAS - Little Dariln' [Excello 2101] 1956
08. THE TURBANS - When You Dance [Herald 458] 1955
09. THE VIDEOS - The Shoo Bee Doo Bee Cha Cha Cha [Casino 105] 1958
10. HAL CASE & HIS DARTS - Boogie Woogie Mambo [Black Gold 4614] 1955
11. SUNNIE ELMO & THE MINOR CHORDS - Indian Love Call [Flick 476] 1960
12. THE SPOTLIGHTERS - This is My Story Cha Cha Cha [Aladdin 3441] 1958
13. NOLAN STRONG & THE DIABLOS - The Mambo of Love [Fortune 525] 1957
14. DON LANE with THE DON JUANS - The Cha-Cha of Love [Fortune 520] 1956
15. THE EL TORROS - Yellow Hand [Duke 175] 1957
16. THE SPANIELS - Everyone's Laughing [Vee-Jay 246] 1957
17. RON HOLDEN with THE THUNDERBIRDS - Love You So [Donna 1315] 1959
18. THE COASTERS - Down In Mexico [Atco 6064] 1956
19. JIMMY FORREST - Night Train Mambo [Dot 15340] 1955
20. THE JOHNNY OTIS SHOW - Willie Did the Cha Cha [Capitol 4060] 1958
21. BETTY JEAN MORRIS - I Ain't Gonna Mambo [Capitol 3296] 1955
22. ETTA JAMES - Market Place [Modern 1016] 1957
23. THE PLATTERS - Shake It Up Mambo [Federal 12198] 1954
24. RED PRYSOCK - Rock and Roll Mambo [Mercury 70918] 1956
25. (SCREAMIN') JAY HAWINS - Talk About Love [Wing 90055] 1955
26. ARTHUR PRYSOCK - Woke Up This Morning [Wing 90016] 1955
27. THE TRENIERS - Who Put the "Ungh" In the Mambo [Okeh 4-7050] 1955
28. NAT "KING" COLE - When Rock and Roll Come to Trinidad [Capitol 3702] 1957


atco_6064.jpg

atco_6064_adv.jpg

053_with_obi.jpg
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 19:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2013年03月04日

ツイストCD/52作目「ROCK THIS HOUSE - Twenty Six - Early 60s Rockin’Blues!」のご案内



Twist Records.052
--- ROCK THIS HOUSE ---
Twenty Six - Early 60s Rockin’Blues!

052_front.jpg

ブルースだけどロックンロール、ロックンロールだけどブルース。という観点で選曲した、50年代後半〜60年代前半のモダン・ブルース特集。ギターが頑張っている曲や、ブルージーなR&B等、アーティストの有名無名は問わずに、グルーヴ感重視の26曲セレクション!

<収録曲>
01. CHARLIE LUCAS COMBO - Walkin’ [Enjoy 2005] 1963
02. SILAS HOGAN - Just Give Me a Chance [Excello 2255] 1964
03. JOHN LEE HOOKER - She’s Mine [Vee-Jay 453] 1962
04. LITTLE MILTON - Long Distance Operator [Bobbin 103] 1959
05. B. B. KING - You’re Gonna Miss Me [Kent 396] 1964
06. MEMPHIS SLIM - Lonesome [Strand 25041] 1961
07. GENE VELL - I Done Got Over [Whiz 505] 1964
08. BUDDY GUY - Slop Around [Chess 1759] 1960
09. BILLY RAINSFORD - Magnolia [Hermitage 803] 1962
10. J. B. LENOIR - Back Door [Shad 5012] 1959
11. STERLING HARRISON - I’m a Man [Smash 1896] 1964
12. HARMONICA FATS - Mama Mama Talk To Your Daughter For Me [Darcey 5003] 1962
13. CHUCK DALLIS - Good Show, But No Go [Glenn 2203] 1963
14. CALVIN & CLARENCE - I Don’t Know (School Girl) [Fairlane 21018] 1962
15. VERNON & JEWELS - Baby, You Got What It Takes [Kayo 5104] 1963
16. DOROTHY BERRY & JIMMY NORMAN - I’m with You All the Way [Little Star 122] 1962
17. WALTER CRANE with THE RAIDERS - Everyday I Have the Blues [Van 00864] 1963
18. ALBERT COLLINS - Defrost [Hall Way 1795] 1963
19. CLIFF DRIVER & HIS DRIVERS - Changing Times [J&S 258] 1962?
20. JUNIOR WELLS - Lovey Dovey Lovey One [U.S.A. 790] 1957 (Re-Issue 1964)
21. JIMMY ROGERS - Rock This House [Chess 1721] 1959
22. LITTLE DADDY WALTON & SONS - Spend My Money [Pennie 555] 1966
23. LITTLE LUTHER - Du Dee Squat [Criss Cross 110] 1962
24. SMOKEY SMOTHERS - Twist with Me Annie [Federal 12466] 1962
25. RUDY GREENE - Oh Baby [Poncello 715] 1961
26. BUDDY SKIPPER - Baby Please [Fury 1062] 1962

20130309twistfront.jpg

本CDは2013.3.09(Sat)に大阪東心斎橋のclub STOMPで開催される「OSAKA TWIST AND SHOUT」にご来場の方、先着80名様にご来場記念特典としてプレゼント!(イヴェントの詳細はコチラ↓)
http://djjames.seesaa.net/article/323635462.html

♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2013年01月06日

♪「Pop & Roll 60s」YouTubeチャンネル新設♪

遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます!

昨年中は多くの皆様にお世話になり、大変感謝いたしております。
2012年3月には念願であった(株)ナイトビートを設立でき、今年はさらなる飛躍を目標としていきたいと思っております。
仕事(レコード屋)はもちろん、イベンターとしてもDJとしても今年一年も頑張ってまりますので、応援のほどよろしくお願いいたします!

youtube_osakatwistandshout.jpg

http://www.youtube.com/user/osakatwistandshout

そして今までアップしてきた自身のYouTubeチャンネル「osakatwistandshout」の登録者数が遂に1,000人を超えました♪ご覧頂いている皆様、ご登録いただいている皆様、ありがとうございます。
こちらも引き続き日常的にアップしていく予定ですが、ここにきて新たに“60'S ポップス”専門の「popnroll60s」チャンネルを増設しました。

youtube_popnroll60s.jpg

http://www.youtube.com/user/popnroll60s

こちらではもうひとつの趣味である、60年代のGirl GroupやTeen Pop、Surf Music 等を中心に更新予定です!
ポップス・ファンの方はぜひチェックしてみてください!

またYouTubeのアカウントをお持ちの方はご登録いただきますと、更新情報がすぐに通知されて便利ですので、ご登録お待ちいたしております♪(※YouTubeアカウント作成方法

それでは2013年もKEEP ON ROCKIN'!!

大阪ツイスト&シャウト/ナイトビートレコード代表:藤井康成
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 20:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2012年12月30日

BLUE BEAT BOP! (REISSUED EDITION) - 2013/1/28 発売!!

BLUE BEAT BOP! (REISSUED EDITION)

511salKgN6L._SS500_.jpg

2013/1/28 発売予定の「BLUE BEAT BOP! (REISSUED EDITION)」に、異色な存在ながら「未来のコレクション」という項に参加させていただいております。
10年以上前に友達に初回版を読ませてもらい、ジャマイカ音楽やその周辺の事に興味を持った覚えがあります。とくにスカ側から楽しむR&B〜ジャンプ・ブルース セレクトが掲載されており、リズムや編曲でジャマイカとアメリカの音楽がリンクしていて非常に興味深かったと思います。あとインプレッションズの事も書いてあったはず。。

とまぁ自分でも記憶が曖昧な状態なので、再びちゃんと読んで理解する事が出来る嬉しいリイシューです。
しかも今回は自分も参加させていただくという、大変栄誉な事となりました!
「スカ好きの人でも楽しめるアメリカンR&B」(仮題)というテーマでレコードを数枚セレクトさせていただいておりますので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

ご予約よろしくお願いいたします♪

内容紹介
20年の時を経て、2度目の復刊!
永遠に読み継がれる、世界最高のスカの本。

初版発行から10年後、1度目の復刊。それからさらに10年。

20年前にこの本と出会ってしまい、レゲエ/スカのビートと共に大人になった人たちへ。
そしてこれからこの本を手に取ることになる、未来のブルー・ビート・バッパーズへ送る、世界最高のスカの本。

新規ページ 2013年度版「未来のコレクション」
──クボタタケシ、森雅樹[EGO-WRAPPIN']、笹沼位吉[SLY MANGOOSE]、JAMES、TOP DOCA、佐川修、林正也、RUDIE NAOKI、家永直樹、TOMMY FAR EAST、JAGABE、SAL、竹田研一朗、石川サチ子(順不同)

序文:大石始

責任編集 山名昇

デザイン : 吉村 亮(yoshi-desu.)
A5 / 200ページ / 並製

著者について
山名 昇
山名昇 ヤマナ・ノボル

音楽評論家、編集者、DJ。東京都中野区に生まれる。高校時代から、ポップ・ミュージックについて書き始め、やがてメジャー誌に寄稿。20代の著作集『寝ぼけ眼のアルファルファ』 (私家版)。

DJとしては、2001、06、12年のfuji rock festival出演アーテイスト。渋谷FM『bluesville Shibuya』(ナヴィゲイター:鮎川誠+シーナ)の企画・構成を12年、渋谷@オルガン・バー『Top Gear』のメンバーを13年、代官山@unitのスクービードゥ『Root & United』を専属DJを8年続けている。

『BBB!』の名前を冠したコンピCDなども、何種か。

得意料理=ロースト・ビーフ、パンチェッタ、チャイ。嫌いなもの=アーセナル、ニコラス・ケイジ。宝物=小学2 年時の『夏の雑草調べ』。


♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 11:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2012年12月27日

ドイツ「Jester Wild Show - Xmas Special」がアップされました!

PEARL BAILEY - Jingle Bells Cha Cha Cha [Roulette 4206] 1959



PEARL BAILEY - Jingle Bells Cha Cha Cha [Roulette 4206] 1959
(Pearl Bailey)
Planetary Music
Matrix: 14580

jingle_bells_cha_pearl_bailey.jpg

jester55-xmas.jpg

http://www.jesterwild.com/index.php?option=com_content&view=article&id=84:jester-wild-show-xmas-specialbrijester-wild-allstarsi&catid=10:shows-2012&Itemid=77

以前にもMix音源を提供した事のある、ドイツのブログサイト「Jester Wild Show」による年末恒例の「Xmas Special」にセレクトした2曲を提供し、その音源がMixとしてアップされました!

今年のクリスマスは終わっていますが、BGM用としてお楽しみください♪
タグ:MIX

♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 19:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2012年11月14日

感謝!「OSAKA TWIST AND SHOUT - 11th.Anniversary Twistin'!」

遅ればせながら、先週末に開催された「OSAKA TWIST AND SHOUT - 11th.Anniversary Twistin'!」にお越しいただきた皆様、出演者の皆様、会場club Stomp のスタッフの皆様、本当にありがとうございました!

sample_2012_11_10_flyer_front.jpg

飲みすぎ&イヴェント進行で、あんまり写真撮れていませんでしたが、写真と共に当日を振り返ってみたいと思います。

まずは僕のオープニングDJの後は、ツイスト・クルーOkada!(けど写真なかった!ごめん岡ちゃん!)
早い時間からテンション高めのロックンロール大会!名曲から知らないカッコいい曲もバランスよく聞けて非常に充実したアーリータイム♪

我々二人がオープン直後のお客様のご機嫌を伺った後、ゲストとして福井から来てくれた盟友のDJ Terrorが登場!

IMG_8922.jpg

何が飛び出すか予測不能の選曲は、我々とも趣向を同じくしたツボのセレクト!
ゆえに彼の事を「ロックンロール・ジュークボックス」と命名(笑)

IMG_8923.jpg

IMG_8932.jpg

ピンク電話の自作ヘッドフォンもえぇ感じですね♪

IMG_8925.jpg

そして元ツイスト・クルーとして活動していた経歴のあるDJ フクちゃんが、約5年ぶりにDJ復帰!

IMG_8936.jpg

ツイスト・クラシックス〜ダンスナンバー多めの選曲で、会場を暖めてくれました。久々のDJとはいえど、親しみやすい選曲感と、安定したリズムの流れにセンスの良さが光っていました。今後の活躍にも期待大!

IMG_8939.jpg

そしてツイスト・クルーのDJ momo♪

IMG_8946.jpg

ポップコーン&ニューブリードR&B多めのセレクト&珍しいレコードの連続に興味津々♪いや〜えぇもん持ってますなー。しかもノリやすいサウンドのものが多かったので、クラブでかかるポップコーン特有の地味な印象は皆無。桃ちゃん印のDJはポップコーンも物にした!

IMG_8948.jpg

そしてこの日はmomo♪ちゃんは、私物ヴィンテージ・アクセサリー&雑貨類をバーゲン大放出♪
こういうオプション的なお楽しみも良いな〜と思いました。今度は自分の物も出してみようかな??

IMG_8943.jpg

そしてまた僕のDJを挟み(写真無し...)、待望のShotgun Runners!from 金沢

IMG_8953.jpg

CDでヘビロテして聞いていた好きな曲や、楽しみな新作(2013年3月頃に発売予定だそうです)、そしてR&Bのカヴァー曲等、一瞬たりとも目が離せない熱狂のステージは圧巻でした。

IMG_8973.jpg

ギター&ヴォーカルのKemmyさんは、僕がまだ高校生時代に、地元の福井で「Love Style」という60s〜70s古着屋さんを営んでいらっしゃって、共通の友達に案内されて何度かお店に行った事もあります。
そんな思い入れもある先輩のバンドを、最高のタイミングでお招き出来て感無量!

IMG_8974.jpg

しかもライヴ後半には、DJ Izumiさん主導のもと、我々ツイスト・クルーに感動のサプライズ!
総勢61名の方がこのサプライズに参加してくださり、「ケーキ」、「イヴェント・フラッグ」を贈呈していただきました。心より感謝です!今後のイヴェントで大切に使わせていただきます。
本当に思ってもいなかったサプライズに感動もひとしお。これだけ想ってもらえるとは、これからもまだまだ頑張らないとな!と、ますますモチベーションも上がりました。

そして当日のビッグゲストDJとして、東京よりkatchin'さん(London Nite)が登場!

IMG_8975.jpg

ノーザンソウルを中心に、60s ロック等も絶妙のグルーヴでMix!しかも聞き手には「あー、やはりこの人はロックだな〜」と思わせてくれる説得力は流石でした。最後にかけてくださったBobby Fuller Fourの「I Fought The Law」は実に感慨深く響きました。
katchin'さんは、東京でTagoさんと共に50s〜60sスタイルの新イヴェント「Crazee Gold Mine」を主催されており、こちらにもぜひ遊びに行ってみたいと思って気になっています。
katchin'さん、ありがとうございました!

そして次のゲストDJは、club Stompで絶賛開催中のJamaican Oldiesイヴェント「Fire Corner」よりNiki-T

IMG_8976.jpg

ツイスト&シャウトにも合う選曲の数々と、サウンドマン・スタイルのDJパフォーマンスで、大いに盛り上げてくれました。音楽に対しての探究心の深さと、柔軟な価値観に敬服。彼のように頼れるDJがいるからこそ、クロスオーバーできる事が面白いです♪

そして最後の真打ゲストDJは神戸Nude Restaurantより、DJ Izumi氏が登場!

IMG_8977.jpg

流石に安定感抜群のNorthern Soulセレクション!気迫のこもった、まさにソウルフルな選曲でフロアを沸かせてくれました。
しかもこの時にまさかのサプライズ第2弾!で、「ヴィンテージ・マイク」をプレゼントしていただきました♪度重なる心遣いに感謝します。今後のツイスト&シャウトでは、このマイクを活用させていただきます♪Izumiさん、ゲスト出演していただいただけでなく、今回の企画に色々とご協力いただき心より感謝です!

この後もDJ Terror、Okada、momo♪、そして僕の順であっという間にイヴェント終了!

あらためて振り返ってみても凄い濃い一夜だったな〜と、本当に今回も多くの皆様に感謝いたします。

最後にツイスト・クルーのOkada & momo♪にも感謝!ハッキリ言って僕一人では何も出来ません。支えてくれる二人がいるからこそ、今があるんだと思っています。
そんな二人もブログに当日のレポートを乗っけてくれています。下のリンクより、よかったらご覧ください♪

◆ Okadaのブログ
TWISTIN' DAYS
OLD HAT GEAR STAFF OKADA'S BLOG

OSAKA TWIST&SHOUT 11th anniversary Special 本当に有難うございました!!!

◆ momo♪のブログ
momo* blog
OSAKA TWIST &SHOUTレポート☆

そして2012年12月22日(土)は、毎年恒例の「Nude Restaurant All-Nighter」が開催されます!
374106_300503343397224_1331743832_n.jpg

スペシャル・ゲストDJに「KEB DARGE」氏が再来!しかも今回は我々ツイスト&シャウトも3人で参加させていただきますので、こちらもどうかよろしくお願いします!詳しくはまた別途告知させていただきます♪
ツイストにお祝いにかけつけてくれていた、DJ北秋氏の気合いも相当なもんでした。今年を締めくくるのに相応しいビッグ・イヴェントとして非常に楽しみです♪
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 10:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2012年08月31日

ビートルズ・レコード・デビュー50周年記念京都大会

2012年10月5日(金)と2012年10月6日(土)に京都で開催される、「ビートルズ・レコード・デビュー50周年記念京都大会」に、ナイトビートレコードが協賛いたしております。
豪華企画です。詳細は正規ホームページよりご覧ください。
http://beatles-research.com/
http://www.facebook.com/beatlesresearch

デビュー50周年で「ビートルズ2月祭」

thebeatles_50th_event_kyoto_flyer.jpg

開催趣旨 -ビートルズ文化を忘れないために-
The Beatlesは英国で1962年10月5日に「Love Me Do」でレコードデビューをし、今年の10月5日に50周年を迎えます。

彼らの音楽や活動スタイルが、我々の意識やライフスタイルに与えた影響は計り知れないものがあります。

しかし50年たった今、徐々に風化していっていることも事実としてあります。

そのような状況の中でノートルダム女子大学で英文学、英国文化を研究している小林順教授を中心に、彼らへの感謝と、ビートルズ文化を継承していくこと目指して、ビートルズ研究会は、2010年6月に設立しました。

設立以降、ノートルダム女子大学などにおいて毎月、研究会例会を開催しています。
会員数も、着実に参加者を増やし、4月時点で200名を超えております。

また、本年2月には、ビートルズ・レコード・デビュー50周年を祝う事業の一つとして、「ビートルズ2月祭」と称してシンポジウム、コンサートを開催しました。

本大会はThe Beatlesへの感謝と、ビートルズ文化への理解を深め、幅広い市民の参加を目指して「ビートルズ・レコード・デビュー50周年記念京都大会」を開催するものです。
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 20:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2012年05月14日

ツイスト&シャウトありがとうございました!

遅ればせながら、先週末の大阪ツイスト&シャウトにお越しいただきました皆様ありがとうございました!
お楽しみいただけましたでしょうか?

出演してくださったThe Fave Raves(東京)さん、タイムボム・コダマ社長、Funk78・ピンチ兄貴、そしてクラブ・ストンプのスタッフ&ツイスト・クルーに感謝です!

IMG_7145.jpg
DJ momo♪ - Osaka Twist And Shout

IMG_7148.jpg
DJ Okada - Osaka Twist And Shout

IMG_7150.jpg
DJ Pinch - Funk78

IMG_7158.jpg
The Fave Raves - 東京
1時間20分に及んだ、熱狂のソウル・ショウ!終始しっかりと楽しませていただきました。

IMG_7163.jpg
DJ Kodama - Time Bomb Records

IMG_7164.jpg
DJ Pinch - Funk78

IMG_7165.jpg
Thank you to all Twisters!!

次回のツイストは【2012.7.14.Sat】に開催です!

ゲスト・ライヴは久々に登場の『STOMPIN' RIFFRAFFS』です。
20120208_2150172.jpg
次回も今回同様、充実企画を練っていきますので、乞うご期待でヨロシクお願いします!

♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2012年03月02日

新作ツイストCD情報【HE MAKES ME SO MAD】Hi-Teen Girls Pop of the 60s!

ツイスト・レコード第47弾の新作情報が届きました!
2012.3.10.Satの『OSAKA TWIST AND SHOUT』にて先着80名様にプレゼントいたしますので、こちらも併せてチェックしてみてください。→イベントの詳細はこちら

--- TWIST RECORDS.047 ---
【HE MAKES ME SO MAD】
The High Teen Girls Pop of the 60s!

twist_records_047cover.jpg

64〜67年頃の、ポスト「フィル・スペクター」〜ザ・ビートルズ&モータウン時代のミッド60'S ガールズ・ポップ特集♪“ちょい悪”ガールズロックや、ソウリッシュなグルーヴィーポップス、そして乙女の恋心を歌った胸キュン・バラードまで、甘酸っぱさが全編に香る、ハイティーン女子向け青春ポップス集!もちろん音質にも拘った、オリジナル45クオリティー・オーディオです!

<収録曲> (YouTube動画へのリンク有り)
01.MAE WEST with SOMEBODY'S CHYLDREN - Treat Him Right [Tower 260]
02.THE CRAZY GIRLS & THE JAVELINS - Hey Hey, Ha! Ha! [Capitol 5050] German
03.THE WHAT FOUR - I'm Gonna Destroy That Boy [Columbia 4-43843] Teo Macero
04.LES GIRLS - Stop, Look and Listen [Laurie 3368] Mike Rashkow
05.THE BONS BONS - What's Wrong with Ringo? [Coral 62402] Henry Jerome
06.CHRISTINE QUAITE - Mr.Stuck-Up [World Artists 1028] UK
07.JACKIE & THE RAINDROPS - Down Our Street [Colpix 738] UK
08.SUZY WALLIS - New-Naw-Nee-Naw [RCA Victor 47-9042] Joe Reisman, David Gates
09.KELLY GARRETT - The Boy On the Drums [Palmar 45-2207V]
10.THE PUSSYCATS - I Want Your Love [Columbia 4-43272] Tony Michaels
11.SADINA - I Want That Boy [Smash S-1979] Jerry Kennedy
12.APRIL YOUNG - To Be Loved By You [Columbia 4-43122] Jerry Ross
13.THE CINNAMONS - Dance To the Music [B.T.Puppy 45-508] Big Time Productions
14.THE KANE TRIPLETS - Mission: Impossible [United Artists 50328] Henry Jerome, Hutch Davie
15.THE DEBS - The Life and Soul of the Party [Mercury 72566] Joe Venneri
16.THE BOOTIQUES - Did You Get Your Fun [Date 2-1513] Curt Boettcher
17.THE LEWIS SISTERS - By Some Chance [V.I.P. 25018] Hal Davis & Marc Gordon
18.DEBBIE DOVALE - Hey Lover [Roulette R-4521] Nick Cenci
19.HOLLYWOOD JILLS - He Makes Me So Mad [Capitol 2176] Joe Banashak
20.GOLDIE & THE GINGERBREADS - Walking In Different Circles [Atco 45-6475] Alan Lorber
21.THE GIRLS - Chico's Girl [Capitol 5675] Steve Douglas
22.DEBBIE BURTON - The Next Day [Capitol 5666] Perry Botkin,Jr.
23.THE GEMINIS - A Friend of Mine [RCA Victor 47-8865] Paul Robinson
24.THE CAKE - Baby That's Me [Decca 32179]
25.THE BLOSSOMS - Good, Good Lovin' [Reprise 0436] Jimmy Bowen
26.THE HONEY BEES - Some of Your Lovin' [Fontana F-1505] Carole King & Gerry Goffin

twist_2012_3_10_front.jpg
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 21:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2011年11月30日

アラン・トゥーサン制作によるアーマ・トーマスのNew Breed R&B★

60's R&B * I DID MY PART - Irma Thomas [Minit 653] 1962



ブロックされたので別YouTubeも貼っておきます↓
http://www.youtube.com/watch?v=bewIcYf5YSE

I DID MY PART - Irma Thomas [Minit 653] 1962
(N.Neville)
Minit Music Co. BMI
Hand Writing Matrix: SO-798 43784 / SO-800 43785

irma_thomas_minit653.jpg

昨夜ビルノードライヴ大阪に『アーマ・トーマス』を見に行った記念で、彼女のレコードをご紹介させていただきます。

IRMA_THOMAS_TWO_WINTERS_LONG.jpg
Irma Thomas

“ニューオーリンズのソウル・クイーン”の愛称に相応しい素晴らしいステージでした。彼女のライヴは過去にニューオーリンズの路上コンサートで見た事があったので2度目だったのですが、ボーカルの美しさも声量の良さも健在で嬉しかった。

60年に<Ron>からデビューした彼女は、<Minit/Bandy>レーベルを経て、64年に<Imperial>レーベルと契約。活動の拠点をロサンジェルスに移し、現地のプロデューサーや作曲家、スタジオ・ミュージシャンのサポートで「Wish Someone Would Care」、「Time Is on My Side」等のポップ・ヒットを残す事となります。その前の<Minit>レーベルと時代(61〜63年)には、『アラン・トゥーサン』の制作による上質なニューオーリンズR&Bを残しており、その中から今回ピックアップした一曲が「I Did My Part」です。

62年にリリースされた彼女の代表作品のひとつ「It's Raining」のシングル裏面曲で、アラン・トゥーサンの仕事による“レイ・チャールズ”風のリズム・ダンス・ナンバーです。ちょっとマイナーな作品ながら、この曲も昨日のライヴで歌ってくれたので個人的にテンションが上がりました。ニューオーリンズ流のツイスト・チューンといった感じで、シンプルかつ初期ソウル感もたっぷりの、アーマ嬢の隠れた名作でした。

Search-
"IRMA THOMAS" to Night Beat Records
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 20:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2011年10月25日

次回のツイストでプレゼントさせていただくCDの内容【SHUBBY DUBBY DOO!】ピッツバーグ系R&B特集

次回のツイストでプレゼントさせていただくCDの内容です!
ピッツバーグ特集で、棚からひとつかみ。
ピッツバーグで活動した伝説のDJ『マッド・マイク』が選びそうなレコードで、R&Bに的を絞って色々ミックスしてみました。
Norton Records編集によるV.Aコンピレーション・アルバム『Mad Mike Mosters』での再評価があったのも記憶に新しいですが、最近でも、先日来日されたケブ・ダージ氏選曲によるV.Aコンピレーション・アルバム『Keb Darge & Little Edith's Legendary Wild Rockers』でもマッド・マイク・クラシックスが選出され、今後も引き続き注目していきたいグルーヴのひとつだと思います。(ちなみにこのアルバムの中で、ケブさんが選んでいたマッド・マイク・フェイバリットは「Kai-Ray - "I Want Some Of That"」、「Ronnie Cook and The Gaylads - "The Goo Goo Muck"」)
ピッツバーグ・クラシックスから新発見まで、バラエティーに富んだ内容でございます。次回のツイスト10周年企画にてプレゼント予定ですので、こちらも併せてチェックしてみてください!

Twist Records.045
SHUBBY DUBBY DOO!

ピッツバーグ・オールディーズ集第二段!DJマッド・マイクが選びそうなダンス・サウンドを、R&Bに限定して25曲ノンストップ・ミックス!ノヴェルティーなリズム物からブラック・ロッカー、そして初期ソウルまで、新発見とクラシックスを彩りよく織り交ぜた、似非マッド・マイク・モンスターズ!

twist_045_cover.jpg

Grooves Like a Pittsburgh’s Favoite Oldies
Respect to Mad Mike Metrovich

<収録曲>
01.HONKING AT MIDNIGHT - Frank Motley & his Motley Crew [DC 0435]
02.CAVE MAN - The Vibrations [Checker 961]
03.WALKIN' GIRL - The Valiants [Ensign 4035]
04.LITTLE SCHOOL GIRL - Larry Birdsong [Home of the Blues 231]
05.YOUR DRIVER'S LICENCE, PLEASE - Roy Tan [Dot 15644]
06.FLAT TIRE - Del Vikings [Mercury 71390]
07.SPUTNIK DANCE - The Equadors [RCA Victor EPA 4286]
08.YOU CRACK ME UP - Charlie Baker [Liberty 55226]
09.THE WOMP - Del-Pris [Restored 1001]
10.I FOUND MY GIRL - The Kents [Argo 5299]
11.THE SCRATCH - Ty Terrell [Lute 5802]
12.THE WOBBLE - Sonny Til & the Orioles [Parker 211]
13.WATERMELON - The Countdowns [Image 5002]
14.THE FUDDY DUDDY WALK - The Entertainers [Catch 101]
15.AUNT MINNIE - C.C.Curtis [Audicon 109]
16.WHO'S IN THE SHACK - The Barons featuring Tyron Douglas [Soul 838]
17.SHUBBY DUBBY DOO - The Shamans with William Powell [Kayham 2]
18.HOT BISCUITS AND GRAVY - Marvin & Johnny [Felsted 555]
19.YES, YOU MADE IT THAT WAY - The Valentines [Bethlehem 3055]
20.SHOOTY BOOTY - Ivory Joe Hunter [Atlantic 1183]
21.HEY, SALLY MAE - The Corvairs [Comet 2145]
22.DEDICATED (To The Songs I Love) - The 3 Friends [Imperial 5763]
23.THE ROCKIN MULE - The Twilighters [Ricki 907]
24.HULLY GULLY FEVER - The Angelenos [Peepers 2827]
25.BOOGA BEAR - The Creators with The Alamos [Hi-Q 5021]
Closing Theme - A Mad Mike Classics
26.RED ROSE TEA - As heard on the Zeke Jackson Show [Gink 9612]

2011年11月12日(土)
OSAKA TWIST AND SHOUT
10th.Anniversary Special!
の詳細はこちら

♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 00:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2011年10月05日

今週末は【SKA BAR + TWIST】club STOMP 祝11周年合同企画!

ツイストはSka Barとの共同企画!『club Stomp 11th.Anniversary Special』2011.10.09(Sun)』で、ご来場者の皆様にプレゼントさせていただくCDのお知らせです!R&Bとジャマイカン・オールディーズの関係性を意識し合った、合同企画ならではの好内容となっておりますので、こちらもぜひチェックしてみてください。

skabar_twist_cd02_cover.jpg

SKA BAR and OSAKA TWIST AND SHOUT Presents...
R&B Oldies & Jamaican Oldies Selections


<収録曲>
R&B Oldies - Selected by. OSAKA TWIST AND SHOUT
01.NO MORE DOGGIN' / Rosco Gordon (Modern 31)
02.SICK AND TIRED / Chris Kenner (Imperial 5448)
03.THE MONKEY / Dave Bartholomew (Imperial 5438)
04.SOMETHING YOU GOT / Chris Kenner (Instant 3237)
05.BOYS WILL BE BOYS / Joe Tex (ace 591)
06.I WANT TO GO HOME / Charles Brown & Amos Milburn (Ace 561)
07.MY WILLOW TREE / Chuck Jackson (Wand 115)
08.YOU LIED TO YOUR DADDY / That Tams (ABC Paramount 10533)
09.YOU'VE REALLY GOT A HOLD ON ME / The Miracles (Tamla 54073)
10.MY GIRL / The Temptations (Gordy 7038)
11.WHAT BECOMES OF THE BROKENHEARTED / Jimmy Ruffin (Soul #35022)
12.WHAT DOES IT TAKE(To Win Your Love) / Jr.Walker & the All Stars (Soul 35062)
13.THAT'S WHERE IT'S AT / Sam Cooke (RCA Victor 47-8426)

Jamaican Oldies - Selected by.SKA BAR
14.TENNESIE ROCK / Raymond Harper (Doctor Bird,JA)
15.OVER THE RAINBOW / Byron Lee with The Dragonnaiers (Starlite,UK)
16.BUT I DO / Al T.Joe with Orchestral Accompaniment (The Wasp,UK)
17.PAPA LUIGI / Carlos Malcolm & His Afro-Jamaican Rhythm (Up-Beat,JA)
18.YOU LIED / Rita Marley (STUDIO 1.JA)
19.SUNSHINE WITH MY GIRL / Prince Buster (Buster,JA)
20.DON'T LET ME DIE / Jackie Opel (COXSONE,JA)
21.REACH OUT I'LL BE THERE / DERRICK HARRIOT (CRYSTAL,JA)
22.I WANT TO HOLD YOUR HAND / Glen Brown (LEE'S,JA)
23.FEVER / Melonie Waters (Quintessence,JA)
24.MY CHERRY AMOUR / Harry J (HARRY J,JA)
25.MOON RIVER / Alton Ellis (PAMA SUPRIME,JA)




そして当日、スカバー&ツイストの後には難波Meleにて、イズミ氏(Nude Restaurant)による新企画『Juke Joint』も開催されます。
ハシゴでバッチリ楽しめる時間帯ですので、ぜひ掛け持ちで遊びに行きたいところです。
企画内容も豪華で楽しみです!

034fcf3c.jpg

『JUKE JOINT』

〜AUTHENTIC R&B SOUL DISCOTHEQUE〜

2011 年10月9日(日) @難波Mele

OPEN/START 23:30
AD/¥1,800
DOOR/ ¥2,300 (共にd別)

■Band
□ Soul Fortune Society(東京)
□ Hitman Style Company

■Dance Show Case
□ 関西ジャズステッパーズ

■DJ
□ IZUMI SAWAMOTO(NUDE RESTAURANT)
□ TATSURO(ZINNIA/BLOW UP)
□ ROGER a.k.a Chikusa(New Continental)


♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 22:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2011年09月28日

英【JukeBox Jam】のブログサイトに新Mixがアップされました

JBJ_Main-Banner1.jpg

英JazzManにサブ・レーベルを設ける、英国の人気イベント『JukeBox Jam』のブログ・サイトが完成!

http://www.jukeboxjam.org/

ゲストDJ Mixの第一弾として、僕のMixがアップされております。様々な“R&B”を軸に、今っぽいテイストを織り交ぜてご紹介させていただきました。初期ソウルからジャンプ・ブルースまで、英国的な感覚でヴィンテージ・リズム&ブルースを31曲串刺しミックス!個人的に色んな想いを込めた新作ですので、ぜひお楽しみください♪

記事を直接見る↓
http://www.jukeboxjam.org/2011/09/dj-james-osaka-twist-shout-for-jukebox-jam/


♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 22:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2011年09月24日

Nude Restaurant with Keb Darge - Lost & Found Sessionの思い出日誌

昨夜は『Nude Restaurant with Keb Darge - Lost & Found Session』ありがとうございました!

約280名様のご来場があったという事で、最近のイベントの中ではダントツの熱気だったと思います(しかもDJイベントで!)。元気が出ましたね〜。

遊びに来ていただいた皆様、ありがとうございました!
そしてヌード・レストランの御三方、今回はお誘いいただき感謝です!

最高に楽しすぎて全然写真を撮れていないですが、写真アップしておきます。


R0013937.jpg

R0013938.jpg

R0013939.jpg

R0013940.jpg

R0013941.jpg

R0013942.jpg

R0013944.jpg

R0013945.jpg

R0013946.jpg

R0013947.jpg

R0013948.jpg

Great memories,THX a lot!
タグ:DJ イベント

♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 19:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2011年09月13日

ツイストありがとうございました!思い出日記

先週の土曜日は『OSAKA TWIST AND SHOUT』にお越しいただきました皆様、ゲスト出演してくださった皆様、クラブ・ストンプのスタッフの皆様、本当にありがとうございました!

2回目となるデイタイム開催でしたが、早い時間からご来場いただき(しかも女子率高し)感謝です。

というわけで、当日の思い出をダイジェストでお伝えいたします。

2011_9_10_front.jpg

会場オープン後、酔っ払う前にと思い、東京よりお越しいただいた『鈴木啓志』先生とご一緒に記念撮影。

R0013897.jpg

僕らがやっている様な、アンダーグラウンドな音楽シーンの事も熱心に考えてくださっており、「とても重要だ」と仰られていました。今回のオファーも快く引き受けてくださり、本当に嬉しかったです。僕は鈴木先生の書かれてきた資料は全肯定派でしたが、人としても尊敬出来るスタンスを持っていらっしゃり、益々ファンになりました。

オープン18時で、まずは僕のDJによるオブスキュアなダンスものセレクトで軽快な?滑り出し。(自分のデジカメには自分の写真が無し)

そして早い時間、18時半からの登場の、元ツイスト・クルー伊藤君。

R0013895.jpg

再びツイストで一緒にやれて良かった。伊藤君ならではのビート・ロック・セレクションは楽しかったです。

続いて19時よりウダ君(Tore Up)が登場。ジャンプものも交えたR&Bメインのセレクトはツボでした。なによりソウルDJとしてのリズム感の素晴らしさを痛感する1ターンめのプレイでした。

R0013898.jpg

そして19時半、再び自分のDJをはさんで(写真無し)、20時、鈴木先生の1ターンめ。

R0013900.jpg

R&B、Doo-Wopを中心に、説得力のある貫禄のプレイを堪能。

R0013903.jpg

フロアの皆さんも熱心に耳を傾け、体を揺らしていたと思います。

R0013906.jpg

先生の著書「R&B、ソウルの世界」をブース前に飾らせてもらい、感慨深い思いでした。

そして20時半、ツイスト・クルー、momo♪ちゃんの出番。

R0013907.jpg

R&B、ジャンプ、ロッキン系中心で、男気溢れる?桃ちゃんセレクション!(ブース前は女子率高し)

21時、ツイスト・クルー、岡ちゃんの出番。

R0013911.jpg

あえて定番ものは外した感じのある、今風R&B〜Titty Shakers〜ロカビリー系をセレクト!「こんなんが今モテルんすよ!」と達者なMCを交えながら、フロアもえぇ感じの温度に。

R0013915.jpg

そして21時半、2度目の登場のウダ君。

R0013916.jpg

ツイスト・フェイバリット・チューンでもある、トミー・リッジリー「Jam Up Twist」で勢いよく幕を開け、十八番のNorthern Soulでフロアを沸かせてくれました。

R0013923.jpg

そして22時、2度目の登場の鈴木先生。

R0013928.jpg

ブラック・ロッカーやロッキン・ブルースを多め選曲されており、テンションも上がる最高のプレイでした。
Tarheel Slim「No.9 Train」!

R0013924.jpg

22時半、関西が誇る“Mr.DJ”、カヤノ先生の登場!

R0013930.jpg

天才的なグルーヴ感のホットなプレイで、フロアの温度も最高潮に。

R0013932.jpg

カヤノ先生はどういった音をセレクトされても、ロックに聞かせてくれる熱いプレイで味わい深かったです。いつか、クボタタケシさんと競演される企画があったりしたら凄いことになりそうやな〜、とあらためて思いました。(タイミングよくツイストに遊びに来てくれてた、Freaks宮本君、期待してまっせ!)

23:10、2度目の登場の伊藤君。

R0013933.jpg

ツイスト伊藤君クラシックスとなっていた盛り上げ系ビート・ナンバーで、フロアの熱気もそのままに。

この頃からテキーラ祭りに参加し始めて、記憶も曖昧です、すみません。

そして最後の23:40は、僕が何をかけたのか、何を喋ったのか、ハッキリ覚えていませんので、次回は気をつけます。

とまぁこんな感じで振り返ってみても、最高の思い出ばかりです。

その後、鈴木先生を交えての、東心斎橋の居酒屋で打ち上げ。音楽談義を中心に、ゆっくりお話出来て良かったです。

今回はまたひとつ大きく前進できたと思える企画で、ツイストにとっても、シーン全体にとっても、とても意義のある一夜になったと思います。関わってくれた皆様に本当に感謝です!これからも遊んでいきましょう。
タグ:DJ イベント

♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 00:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2011年07月06日

新作ツイストCD情報【第43弾/レア&ロッキン・ドゥーワップ集】BOP BOP BU!

いよいよ今週末に迫る『OSAKA TWIST AND SHOUT』でプレゼントさせていただく、新作ツイストCDの情報が届きました!

イベントの詳細はこちら↓
http://djjames.seesaa.net/article/210217764.html

2011_7_09_flyer_front.jpg

そして気になるCDの詳細はこちら!↓

Twist Records.043
BOP BOP BU!
30 Tracks Rare & Rockin' Doo-Wop & Black Rockers of 1950s

043_jkt.jpg

50年代のロッキン・ドゥーワップ・コレクション!定番は一切外したマニアックな内容ながら、ロックンロールを主軸にしたワイルドなドゥーワップと、グループ版のブラック・ロッカーズ、そしてメロディー重視のハーモニーものから、子供ボーカルのキディーR&Bまで、30曲をノン・ストップ・ミックス!おじさん臭くないレア音源のみを7インチから厳選収録!

<収録曲>
01.DADDY MUST BE - The Chanticleers [Lyric #103] Maxwell Davis Orchestra
02.HIGH SCHOOL DANCE - El Pollos [Studio #999]
03.DON'T BE A JUMPIN' JACK - The Chords [Casino #451]
04.YOU CAN GET HIM , FRANKENSTEIN - The Castle Kings [Atlantic #2107]
05.VOWELS OF LOVE - The Poets [Flash #129]
06.PUNKANILLA - The Quarter Notes [RCA Victor #47-7327]
07.THUNDERBIRD BABY - The Paramounts [Combo #156]
08.BO PEEP - The Lamplighters [Federal #12255]
09.POPCORN WILLIE - The Marquis [Rainbow #358]
10.PRETTY BABY, BABY! - The Gazelles [Gotham #315]
11.SKITTER SKATTER - The Metrotones [Reserve #116]
12.ALL THAT'S GOOD - Kuf-Linx [Challenge #59015]
13.HOW MUCH LOVE CAN ONE LOVE HOLD - Joe Perkins & The Rookies [King #5030]
14.ROCK AND ROLL BABY - The Chorals [Decca #29914]
15.SHUT THE DOOR BABY - The Jumpin' Jaguars [Decca #29938] Jack Hammer&Mayme Watts
16.YOU'RE NOT TOO OL'(TO ROCK AND ROLL) - Deep River Boys [Vik #4X-0224]
17.ROCK AND ROLL RAG - The Ink Spots [Grand Award 1001]
18.BRING MY BABY BACK - Bill "Bass" Gordon & The Colonials [Gee #12]
19.SO LONG DADDY - The Souvenirs [Dooto #412]
20.VIP-A-DIP - The Mint Juleps [Herald #481]
21.CANDY APPLE RED IMPALA - Little "E" & The Mello-Tone Three [Falco #302]
22.MISS PETUNIA - Charlie LaVerne & His Quitars [Apollo #3520]
23.SHIMMIES & THE SHAKES - The Dukes [Imperial #5401]
24.GONNA ROCK TONITE - The Gainors [Cameo #151]
25.PLEASE SAY YOU'RE MINE - Jimmie Jones & The Savoys [Savoy #1586]
26.JACKIE BROWN - The Passions [Capitol #3963]
27.BOP BOP BU - The Dappers [Rainbow #373]
28.TEENAGE ROCK - Ronnie Jones & The Classmates [End #1125]
29.WITHOUT A CAUSE - The Heartbreakers [Vik #4X-0261]
30.A GIRL LIKE YOU - Eddie Robbins [Dot #15702]

そういえば最近順調にダイエット頑張っております。
目指せ64kg!(現在68kg/-4kg減)
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2011年06月28日

『CHARITY45』第3回目の最終出品

20110612_4532353.gif
↑3回目の出品となるチャリティー・オークションはこちら↑

第一回目&二回目と、ご入札/落札していただいた皆様、ありがとうございます。
企画/進行サイドでも、皆様からの熱い気持ちをいただいているのを強く感じております。

まだまだ狙い目のレコードも多数ありますので、ぜひ隅々までチェックしていただき、ウォッチリストなりご入札をご検討ください!

『CHARITY45』6/26(日)出品レコードリスト一覧

004 Joy Lovejoy / In Orbit
008 Bobby Shannon / I Get My Groove From You
010 Solid Gold Revue / She's So Good
014 Joyce Kennedy / I'm A Good Girl
016 Marena Shaw / Let's Made In Water
020 Wallace Brothers / You're Mine
024 Bobby Roberts / I'm In Love Again
026 The Sounds Of Time / Kool Tool
029 Larry Bailey / Groove With Me
032 Geno Washinton / Like My Baby
034 Emanuel Lasky / Lucky To Be Loved
037 Cliff Nobles / My Love Is Getting Stronger
040 Cody Black / Because You First Loved Me
042 Peggy Woods / Love Is Gonna Get You
044 Earnest Anderson / Keep An Ete On Love
049 Winfield Parker / S.O.S
052 The Boss Man / When I Had Money
055 The New Young Hearts / A Little Togetherness
057 The Four Sonics / Where Are You
061 Larry Williams & Johnny Watson / Too Late
064 Clifford Binns / You've Got To Help Me
067 Los Canarios / Get On Your Knees
070 Cookie Scott / Funny Changes
072 The Sapphires / The Slow Fizz
076 The Steve Karmen Big Band / Breakaway pt.1
079 Lee Williams / It's Everything About You
094 Bingo / We Can't Get Enough
097 Admiral Shohn Ice / My Carolina Girl
100 Ultra High Frequency / We're On The Right Track
103 This Time Is Real / Tower Of Power
106 Liberty / Girl You Better Make Up
109 Silvetti / Spring Rain
112 Wreckin Crew / Found The Groove
114 Jobell & The Orchestra de Salsa / Never Gonna Let You Go
120 Micky & Soul Generation / Get Down Brother
123 American Woman / Medley : Cissy Strut
126 Harvey Acales & The 7 Sounds / Get Down
131 Jimmy Garland / You Made A Promise
134 Tommy Tate / More Power To You
139 Barbara Lynn / I'm A Good Woman
142 Little Sonny / We Got A Groove
145 Joyce Harris / No Way Out
148 Bo Diddley / I Can Tell
151 Roy C / Shotgun Wedding
154 Scatty McKay / Let The Good Time Roll
157 Bobby Patterson Quintet / Smooth Sailing Part I
160 J.J. Jackson / Come See Me (I'm Your Man)
163 Millie / I Love The Way You Love
166 Wayne Fontana / Um, Um, Um, Um, Um, Um,
167 The Herd / I Don't What Our Loving To Die
172 Alvin Cash / Twine Time
175 Cliff Nobles & Co. / The Horse
178 The Champs / Tequila Twist
181 Tom & Jerrio / Boo-Ga-Loo
184 Dobie Gray / Out On The Floor
187 Benny Latimore / Love Don't Love Me
190 The Superbs / The Dawning Of Love
193 The Ikettes / Peaches "N" Cream
196 Ramsey Lewis Trio / Hi Heel Sneekers -Part1
199 Travis Wammack / Louie Louie
202 Arche Bell & The Drells / There's Gonna Be A Showdown
205 Rufus Thomas / Little Sally Walker
210 新譜/再発 SOUL FUNK セット
213 Norman Scott / Ain't That A Heartache
215 The Soul Merchants / Cheese And Crackers
218 Jackson Five / Darling Dear
221 Brass Construction / Take It Easy
222 Soul Sender's / Soul Brother's Testify
225 Excell Wonsley / Lady Love
230 Syl Johnson / Come On Sock It To Me
235 The Artistics / I'm Gonne Miss You
241 Gus "The Groove" Lewis / Let The Groove Move You
244 Twanda Barnes / You Don't Mean It
247 Syl Johnson / Different Strokes
251 Roberta / I'm On The Prowl
254 The Masterkeys / If You Haven't Got Love
255 (V.A) / Hitsville U.S.A.
257 Lee Austin (The Bunner) / tutti frutti
261 Blue Rhythm Combo / Black Water Gold
262 Liberated Brother / Muhammad Ali
263 Willie Greshm / Step By Step
264 Billy Shields / I Was A Boy
265 Syl Johnson / I've Got To Get Over
266 Cargo / Holding On For Love
267 Chuck Bernard / Contact On Your Love
268 Got-Cha / Don't Stop The Music
269 Roy Hamilton / Tore Up Over You
270 Merry Clayton / Knock On The Door
271 Artistics / I'll Leave It Up To You
272 J.R.Bailey / The Entertainer

♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 02:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2011年05月17日

ありがとうございました!【OSAKA TWIST AND SHOUT】レポート

2011_5_14_flyer_front.jpg
OSAKA TWIST AND SHOUT
2011.5.14(Sat)@club Stomp

【Special Live】
・THE TRAVELLERS
【Guest DJs】
・PINCH - Heavy Funk System + Funk78
・KEITA - Blues Night
・MATSUI - ex.Teenage Babylon from 東京
・SALLY - ex.Teenage Babylon from 札幌
・TURKEY - Homeward Furniture
【Resident DJs】
・JAMES + OKADA + momo♪
【Food】
・KING'S 8 DINER

2011年5月のOsaka Twist And Shoutにお越しいただきました皆様、本当にありがとうございました!
またゲスト出演してくださったThe Travellers様、スペシャル参加してくださったWild Jiveの皆様、そしてゲストDJの皆様&ツイスト・クルー、King's 8 Diner、club Stompスタッフの皆様、関わってくれた全ての人たちに感謝感謝です!

今回はいつも以上に良い意味での緊張感と、気合いを入れて当日本番を迎えました。
準備にパワーを使いすぎて、体調が万全ではない状態で当日を迎えてしまった事を個人的に深く反省していますが、思い出に残る最高の一夜になったと思います。

今回は不覚にもデジカメの充電が無くなっていたので、思った様な写真をとれておりません!
早くも当日の様子をアップしてくださっていた、各所から写真を頂きました事をお許しください!

14412407_1135064786_162large.jpg

最近は定番になってきた(?)、僕のオープニングDJで今回のツイスト開場!
早い時間ならではの脱線R&B系(マニアック)選曲で、機材の調子を確かめます。

RIMG0730.jpg

そしてTitty Shakersや渋目R&Bで、自らのテンションも急上昇の岡ちゃんにスイッチ!

RIMG0731.jpg

続くDJもツイスト・クルーmomo♪ちゃん!
R&B/ロックンロール/ダンサブルな選曲に加え、サリーちゃんとのお揃いのキュートな衣装にフロアからは「可愛い〜(ハート)」とピンクい歓声が。

SBCA0875.JPG

そしてゲストDJタイムがスタートで、サリーちゃん(Hidden Charms / 札幌)が登場!
ツイストは2度目の登場でしたが、前回とは選曲の趣きを変えて、Popcorn〜New Breed系を中心に、渋カッコいいセレクトを披露してくれ、インパクト大でした。+もちろん「可愛い〜(ハート)」のピンク声援も多数。

RIMG0733.jpg
続くゲストはターキー(Homeward Furniture)の登場で、「飲んで飲まれて恋焦がれ」という軽妙洒脱なナイスMCでレコード・ホップ・タイムのスタート!
テキーラの注入も有り、酔いどれ度もアップで最高でした。

SBCA0872.JPG

そして今回急遽参加してくださった、Wild Jiveの皆さんによるライヴ!
Bill Haley & His Comets スタイルのジャイヴィン・R&Rは流石ながら、ドゥーワップ・ナンバー(The Gaylords - Ma-Ma-Ma Marie '58-)も凄く洒落てて最高でした。

14412407_1135064802_48large.jpg

約25分のステージを挟み、Blues Nightよりケイタ氏による再びDJタイム!
R&B/Jump、ジャジーなポップ系を中心に、流石のセンスとスキルによる絶品セレクション!
ゴールデン・タイム+ライヴの合間の時間帯を考慮してくださった最高のプレイでした。

RIMG0734.jpg

RIMG0735.jpg

そしてお待ちかね、The Travellersの登場!

RIMG0736.jpg

ツイストの音楽観ともクロス・オーバーする、最高のステージを披露していただきました。
アンコールも含め1時間10分を超える長めのショウで、とても充実した時間でした。

Ego-Wrappin'でも活躍されるドラマーの末房央さんとは久々の再会で、数年前に森さん(Ego-Wrappin')とご一緒に飲みに連れて行っていただいた思い出もあります。

熱気むんむんのフロアの中、続いて僕のDJ(ゴールデン・タイム仕様)。
今回は'50s Jump/R&Bを中心に、ロッキンなのから、Titty Shakers系、オリエンタル物+Doo-Wopなんぞをセレクトしてみました。

14412407_1135064766_78large.jpg

続くDJはピンチ兄貴(Funk78)の登場!
Soul/Funk系でダンサブル&テクニック派の選曲から、Blues/Jumpまで絶妙ミックス!(Robert Johnsonまで登場)
毎回どういった手で楽しませてくれるか、良い意味でなかなか読ませてくれない=意表を付いた選曲の妙と、音楽観の奥深さと愛情と敬意に感動させられます。

RIMG0737.jpg

14412407_1135064743_53large.jpg

そして最後のゲストDJとなる松井君(ex.Teenage Babylon / from東京)!
松井君もまたホット&コレクタブルな多種Soul系を中心に、テクニック派+キャラ立ちした魅力的なDJパフォーマンスを披露してくれました。

バンドさんはもちろんのこと、ざっと振り返ってみるだけでも、「もう一回見たいな〜」と思う、強烈&個性的なDJ出演者による最高のパフォーマンスでみっちりの一夜だったと思います。各方面/各シーン/様々な場所で活躍する方々が、音楽を通じて違和感なくリンクしている感じが、今最高に面白いと感じている今日この頃です。DJ一人一人の意識の高さも半端ではないのを感じ、この日の出演者のレベルの高さは特筆すべき事かもしれません。
とはいえ、ツイストは決して“濃さ勝負”をしたいイベントではなく、あくまでお客様主体の楽しいパーティー(アメリカのハイスクール/ティーン・ダンパ風)を常に目指しておりますので、アメリカ/イギリス文化や音楽が好きだったり、これから興味があるっていう方もぜひお気軽に遊びにいらしてくださいね。

また、ツイスト・クルーも当日のレポートをブログにアップしていますので、ぜひチェックしてみてください↓
momo♪ BLOG
http://ameblo.jp/momo-manjuu/entry-10893751268.html

Okada BLOG
http://oldhatgear.blogspot.com/2011/05/osaka-twist-shout.html

King's 8 Dinerの出店によるハンバーガーも最高でした!
ありがとうございました!

次回のツイストは『2011.7.09(Sat)』に開催です!

ゲストLiveは「Stompin' Riffraffs」♪

l_640b29df02a94e809e33b0a5277b826f.jpg

25175103.jpg

次回も楽しみです。
よろしくお願いします!!
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 19:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2011年05月13日

2011.5.14.Satのツイスト【The Travellers】でプレゼント用の新作ツイストCD詳細

いよいよ今週末に迫る、Osaka Twist And Shoutでプレゼント用の新作ツイストCDが届きました!
先着80名様限定ですので、ぜひお早目のご来場でゲットしてくださいね〜。
The Travellersお好きな方には特に大推薦の、ホンカー/シャウター系50's R&B+ジャンプ・ブルース特集です。
この手のサウンドに求めたい要素を持った曲を、大体網羅している大辞典的な意味もありそうなので、マニアの方も興味のある方も、イベント後には忘れずお持ち帰りになって、じっくりお楽しみくださいませ。
全ルーツ音楽ファン・マストです!

OSAKA TWIST AND SHOUT
http://djjames.seesaa.net/article/197012713.html
2011_5_14_flyer_front.jpg

Twist Records.042

RHYTHM ROCKIN' BLUES
30 Tracks Wild Jump Blues & Rockin' R'N'B of the '50s

twist_042_front.jpg

50年代初頭〜中期にかけてのジャンプ・ブルース+ロッキン・R&B特集!咆哮するシャウター系からプリミティヴなブラック・ロッカー、そしてブリブリのホンカー・インストロまで、カッコイイにも程があるドス黒ジャンプ大会!マイナー・レア音源を中心に、レコード・ホップ・クラブ・ヒットも散りばめてみたので、マニアならずともR&B入門編/BGM用としてもお楽しみいただける(はずの)入魂大推薦盤!

01.BLOCK BUSTER - Boots Brown & His Blockbusters [RCA Victor #47-5110]
02.NIT WIT - L.C.McKinley [Bea&Baby #102]
03.PACK FAIR AND SQUARE - Big Walter & His Thunderbirds [Peacock #1666]
04.(Wake Up) MISS RIP VAN WINKLE - The Tibbs Brothers [Atco #45-6074]
05.YOU GOT ME REELING & ROCKING - Roy Milton [DooTone #369]
06.LET IT LAY - Kenzie Moore with Joe Dyson's Band [Specialty #456]
07.WINE WOOGIE - Marvin Phillips & His Men From Mars [Specialty #445]
08.WELL OH WELL - Tiny Bradshaw [King #5357]
09.PLEASIN' YOU - Nappy Brown [Savoy #1187]
10.MY GIRL IVY - Jimmy Witherspoon & The Quintones [Atco #45-6084]
11.LITTLE MARY - Jimmy Griffin [Atco #45-6068]
12.FANNIE BROWN GOT MARRIED - Roy Brown & His Mighty, Mighty Men [King #4761]
13.TEENAGE ROCK - Red Prysock [Mercury #70985]
14.WETBACK HOP - Chuck Higgins [DooTone #370]
15.HO-HO-HO! - Tiny Grimes & His Rocking Highlanders [Gotham #7-319]
16.THE FAT MAN - Billy Bland [Old Town #1016]
17.THUNDER BIRD - Hal Page & The Whalers [J&S #1601]
18.I WANNA' MAKE LOVE TO YOU - Jimmy McCracklin & His Blues Blasters [Irma #102]
19.FATSO - Charles Dickens & His Strangers [Sandee #312]
20.DON'T LEAVE ME, BABY! - Dean Barlow [Jay-Dee #803]
21.HOUSE ROCKER - Rockin' Horses [Grand #139]
22.I REFUSE TO CRY - Billy Mack with Bobby Anderson Band [R&H #001]
23.MISS MUSHMOUTH - Lloyd "Fatman" [Okeh #4-7083]
24.ENOUGH MAN - Bobby Christian [Salem #1001]
25.MR.MOVIN'S GROOVIN' - Hal Singer [Savoy #1194]
26.THE DEACON DON'T LIKE IT - Wynonie Harris [King #4635]
27.GET ON THE RIGHT TRACK BABY - Titus Turner [Wing #90058]
28.RHYTHM ROCKIN' BLUES - Rollee McGill [Mercury #70652]
29.DADDY PLEASE COME HOME - Eunice & Eddie [Star-A-Fire #101]
30.VOOVEY VOOVEY VAY - Sugar Chile Robinson [Capitol #70056]


よろしくお願いいたします。
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 04:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。