2013年11月17日

日テレ『所さんの目がテン!』2013年9月8日放送★人気再燃「レコード」の科学

1490529568_1374280852.jpg

日テレ『所さんの目がテン!』2013年9月8日放送
人気再燃「レコード」の科学




組の概要
◎ アメリカからアナログ・レコードの再評価
◎ レコード発明の歴史〜トーマス・エジソン
◎ レコードって何で音が鳴るの?
◎ レコードの再生の仕方
◎ 「生演奏」と「レコード」と「CD」の音質の差を科学的に解明
等を分かりやすく解説。面白かったのでぜひ見てみてください!

↑番組内で作って音質の検証をしていたレコードは「ダブプレート」だったから、バイナルにカッティングすれば、さらに音質は向上するのでは?

らに「レコード再評価」に関して、個人的な意見を追加させてもらうとすると、

○ CDの寿命は約30年/MP3の寿命はHDDが生きている限り/磁気テープの寿命は3〜最長30年
 と言われているが、レコードは物理的な損傷がなければ半永久的に再生可能=寿命はない。とされている
○ 骨董品としての価値がある(盤によりけりですが)
○ 作品1曲づつと進撃に向き合える=音楽を楽しむ感動が倍増
○ レコード好き同士で友達ができやすい(僕は日本全国と世界中に友達ができました)

人的にレコードにデメリットはないと思っていますが、一応客観的にデメリットとされる点を挙げておきます

× 専用の再生機器を買い揃えないといけない(最初は安いポータブル・プレイヤーでO.Kですよ)
× 再生の手間が面倒(番組内でも言われていましたね。けどすぐに慣れますよ)
× レコードの保管場所を確保しないといけない(ムムム)
× コレクションし始めるとお金がかかる(けどわりと楽しい)

いでに
【特集:アナログレコード再び】
http://www.riaj.or.jp/issue/record/2013/201311.pdf

以上、レコード屋のステマ記事でした!
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 19:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。