2011年12月26日

ダイナ・ワシントンが歌うチャ・チャ★クインシー・ジョーンズ演奏

R&B Latin * RELAX, MAN - Dinah Washington [Mercury 70968] 1959



ブロックされたので、別YouTube動画はこちら
http://youtu.be/fWWPA4FAYmM

RELAX, MAN - Dinah Washington [Mercury 70968] 1959
(Wayne - Frisch)
Nielson Music ASCAP
Hand Writing Matrix: YW13514 2M / YW 13516 1M

relax_max_ dinah_washington.jpg

ラテン・ビートのフィメールR&Bつながりで『ダイナ・ワシントン』のレコードをご紹介させていただきます。

Dinah+Washingtonmain.png
Dinah Washington

“ブルースの女王”というあだ名のある歌手ですが、一般的に、R&B・ファンからはジャズの人、ジャズ・ファンからはブルースの人として思われているかと思います。彼女のボーカル・スタイルはジャズやR&B、ブルースを昇華した個性があり、ジャンルすら超越した天才歌手だと思います。

歌手としての影響力は大きく、後のR&B/ソウル・シンガーにも多くのフォロワーを生み出しています。“ソウルの女王”アレサ・フランクリンも、1964年にコロンビア・レコードから「Unforgettable: A Tribute to Dinah Washington」というダイナへのトリビュート・アルバムを残すほどにリスペクトを示し、エスター・フィリプスや、エタ・ジェイムズ、ルース・ブラウンらにもダイナからの強い影響を感じとることができます。

Unforgettable_-_A_Tribute_To_Dinah_Washington.jpg
Unforgettable: A Tribute to Dinah Washington のアルバム・カバー

そんな彼女がポピュラー・ヒットを連発したマーキュリー時代の作品で、演奏/指揮は『クインシー・ジョーンズ』楽団による「Relax, Man」です。“チャ・チャ”のリズムを取り入れたラテンR&B/ポップ・ナンバーで、作曲はエルヴィス映画の音楽を多く手がけた事で知られる作曲家『シド・ウェイン』と、『アル・フリンツ』によるコンビ作。陽気なラテン・ビートに乗せて明るく歌うチャチャ系ポップス良好作品でした。

<参加ミュージシャンと録音場所+日時>
Dinah Washington With Quincy Jones And His Orchestra
Don Elliott (tp, vib) Jimmy Cleveland (tb) Anthony Ortega (as) Dinah Washington (vo) Quincy Jones (arr, cond) unidentified orchestra
NYC, June 25, 1956

Search-
"DINAH WASHINGTON" to Night Beat Records
タグ:Latin R&B

♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 19:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTubeでレコード紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。