2011年07月02日

ジプシー〜ボヘミアン系/妙エキゾチカ・ティーン・ポップス= ニール・スコット

Exotic * GO BOHEMIAN - Neal Scott & The Fortunes [Clown #3011] 1960?



neal_scott_bohemian_45s.jpg

GO BOHEMIAN - Neal Scott & The Fortunes [Clown #3011] 1960?
(A.Bogatz, Neal Scott)
Audicon & Jimskip
Hand Writing Matrix: 310A / 310B

アメリカ産エキゾチカ・ポップつながりで、マイナーな白人ティーン歌手『ニール・スコット』をご紹介させていただきます。
ニューヨーク市ブルックリン所在の小レーベルClownから、60年頃にリリースされたと推測される、7インチ作品「ゴー・ボヘミアン」です。

エキゾチカ/ラウンジ/辺境系のイージーリスニング音楽を、7インチ仕様にした感じの意味不明音楽。よく言えば、ジーン・ピットニーがトリップしてしまった様な(よく言ってない)、エキゾムード満開の妙ポップスでした。

ちなみに「Las Vegas Grind」路線の、V.Aコンピ「The Lavender Jungle」に収録されております。

Search-
"NEAL SCOTT" to Night Beat Records
タグ:50's EXOTIC

♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 17:50 | Comment(1) | TrackBack(0) | YouTubeでレコード紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく
この記事へのコメント
フランス版Sin Alleyな編集盤「Madness Invasion」にも収録され、ガレージ・ファンからも人気の高い一枚ですね。その後Neil ScottはNeil Bogartと改名し、Casablanca Recordsを設立。KissとDonna Summerをビッグ・スターに育て上げ、音楽業界で大成功を収めます。それまでの間にKissを売り込むため、日本に何度も来日しているようです。やはり癖のある人物らしく、KissのGene SimmonsがNeilのオートバイオグラフィ的な番組/映画を制作するといっていましたが、どうなったんでしょう?
Posted by 関口 at 2011年07月08日 14:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。