2011年07月01日

バート・バカラックの初期妙仕事/ブリジット・バルドー賛歌= ロベルト・セト

Exotic Brazilian Pop * BRIGITTE BARDOT - Roberto Seto [BigTop #3086] 1961



brigitte_bardot_roberto_seto.jpg

BRIGITTE BARDOT - Roberto Seto [BigTop #3086] 1961
(M.Gustavo)
Plan Two Music,Inc. BMI
Hand Writing Matrix: 45-BG-1227-3 / 45-BG-1229-1

アメリカ産の世界各国エキゾチック音楽つながりで、『ロベルト・セト』(正体不明)さんをご紹介させていただきます。

バート・バカラックがプロデュース/アレンジメントを手がけた彼の初期ワークスで、フランスのトップ女優/モデル=60年代のセックス・シンボル「ブリジット・バルドー」を絶賛した、サンバ調のポップ・ナンバーです。

Burt_Bacharach_-_1.jpeg
Burt Bacharach

brigitte-bardot_p.jpg
Brigitte Bardot

元々はブラジル人作曲家の「ミゲル・グスタボ(Miguel Gustavo)」が作曲し、欧州で人気を博したトルコ出身のポップ歌手「ダリオ・モレノ」が吹き込んだバージョンが有名な作品です(初吹き込みは「Luiz Vanderley」という人らしいですが未聴)。
それをアメリカ向けのノヴェルティー・ソングとして、わざと異国感を強調した編曲にし、異国の歌詞(ブラジル語?)をそのまま流用しているユニークな作品。裏面には、アメリカ人俳優「ジョエル・グレイ」が英語詩で歌う薄味バージョンが、配慮でカップリングされています。

アメリカン・ポップス黄金期でもあった61年といえば、ノヴェルティー・ソング(ちょっと悪乗り=ふざけた作風の音楽)でも大ヒットに繋がる可能性が大いにあり、かつ、"ツイスト"系のダンス・クレイズ・ブームも真っ只中だった為、新しいリズム感を盛り込んだ作風も好まれた時期でした。
そんな時代背景も感じる、妙ポップスでした。


↑セトさん本人らしき動画があったので貼っておきます

Search-
"ROBERTO SETO" to Night Beat Records
タグ:60'S R&R EXOTIC

♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 21:04 | Comment(0) | TrackBack(1) | YouTubeでレコード紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/212809085

この記事へのトラックバック


Excerpt: このブログでB・Bと言えばバート・バカラックさんのことですが 今回は違います。何
Weblog: バカラックマジックでまったりと
Tracked: 2012-03-08 14:36
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。