2011年05月12日

リチャード・ベリー“ルイ・ルイ”系ピッツバーグ・オールディーズ 〜 「ザ・ヴァイブレーションズ」

Northern R&B - Pittsburgh Oldies * DANCIN' DANNY - The Vibrations [Checker #1061] 1963



DANCIN' DANNY - The Vibrations [Checker #1061] 1963
(B.Davis & Vibrations)
Chevis Music BMI
Arranged by Bert Keyes
Hand Writing Matrix: 12146 J.M0749 50172 / 12146B J.M0750 50172-X

名称未設定-68.jpg

引き続き『ザ・ヴァイブレーションズ』つながりでChecker時代の初期作品をご紹介させていただきます。

690447.jpg
The Vibrations

63年にリリースされたCheckerでのラスト・シングルとなる「Dancin' Danny」という曲で、シカゴ/デトロイトR&B〜ソウル界の名人【Billy Davis】との共作によるダンス物だ。アレンジャーにはニューヨークR&Bの名人【Bert Keyes】が参加しており、シカゴよりも、やはりニューヨーク/ブリル・ビルディング的な都会派サウンドに仕上がっている。
楽曲はリチャード・ベリーのR&B古典作「Louie Louie」そのまんまで、ドゥーワップ・コーラスも入る陽気なノヴェルティー感覚をベースに、軽快なラテン風味でアレンジされたユニークな作品だ。(ジ・アイズレー・ブラザーズの「Twist & Shout」的な感覚に近いかもしれません)
ピッツバーグ・オールディーズ度の高い作品だと思っていたら、すでにV.Aコンピ「Pittsburgh's Favorite Oldies At The Hop Vol.7」に収録されていたクラシックスでした。

vibrations_dancin_danny_ad.jpg

Search-
"THE VIBRATIONS" to Night Beat Records
Source-
The Jayhawks/Vibrations, Bio & Discography - Marv Goldberg's R&B Notebooks
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 20:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTubeでレコード紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。