2011年05月07日

黒人教会直送のドス黒ディープR&B・ロッカー 〜「J.C.デイヴィス+チャールズ・ウォーカー」

Deep R&B Rocker * SWEET SWEET LOVE - J.C.Davis featuring Lil' Charles Walker [Chess #1858] 1963
James C. Davis, One Time Sax Player for James Brown's Famous Flames.



MONKEY - SWEET SWEET LOVE - J.C.Davis [Chess #1858] 1963
(B.Davis - J.C.Davis - S.Hall)
Chevis Music BMI
Hand Writing Matrix: J.M0607 12463 / J.M0608 12462

名称未設定-38.jpg

前回のレコード紹介記事から引き続き『J.C.ディヴィス』を。
「Monkey」の裏面なのですが、Championや、Furyにも録音を残すナッシュヴィルR&B・シンガー「Lil' Charles Walker」を、ボーカリストにお膳立てしたアップテンポ・ナンバーだ。
フランティックな演奏をバックに、コール&レスポンスの女子コーラス+チャーチ・オルガンが入り、黒人教会から直送されたゴスペル・ボーカルで、喉を焼く様に歌うキラーR&Bで実に熱い。
Charles Walkerは、J.C.デイヴィスのバンドにJackie Wilsonの後任歌手として迎え入れられており、アポロ・シアター等にも出演していた様だ。
調べてみると、「The Chicken Scratch」(Chess #1831)で聞ける掛け声もCharles Walkerだそうです。

Search-
"J.C.Davis" to Night Beat Records
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 12:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTubeでレコード紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。