2011年03月08日

New Breed - Popcorn R&B * HOMEWORK - Otis Rush

DukeレーベルからリリースされたNew Breed/Popcorn R&B傑作「HOMEWORK」 〜 オーティス・ラッシュ


UPした動画がブロックされたので、他リンクを貼っておきます↓
http://www.youtube.com/watch?v=KilrZ2pQEDM

HOMEWORK - Otis Rush [Duke #356] 1962
(A.Perkins - D.Clark)

Lion Publ. Co. BMI
Hand Writing Matrix: UV-7110 82 / UV-7113 82

homework_otis_rush.jpg

前回のレコード紹介記事から、『オーティス・ラッシュ』つながりで、7インチ・レコードを一枚ご紹介。

OtisRush2.jpg

59年コブラ・レーベルの倒産後、ウィリー・ディクスンの手引きもあり、翌60年には同地シカゴの名門〔チェス〕と契約する事となった。
コブラより断然、知名度も資金力も流通力もあるブルース大手だったが、ラッシュの本領を活かしきる事なく、シングル2枚のみをリリースしただけだった。

そしてしばらくの間ブランクがあり、62年には名人【ドン・D・ロービー(Don D. Robey)】が所有した〔デューク〕レーベルからシングルをリリースしたのが、この「HOMEWORK」という作品だ。

テキサス出身の作曲家/ギタリスト【アル・パーキンス(Al Perkins)】提供作で、これまた傑作と呼びたいアーリー・ソウル作品となった。
「ボビー・ブランド」や「ジュニア・パーカー」といった“熱血系”R&B歌手を排出したレーベルからの作品だけあり、ラッシュの持ち味であるギター・ソロはあえて抑えられている気がするが、彼のもうひとつのアイコンでもあるゴスペル・ボーカルでの熱唱と、ホーン隊を多く配したデューク・レーベルのハウス・バンドによる演奏は絶妙にマッチしたと思う。

ちなみに「宿題」というタイトルには意味があるのか調べてみても分からなかったが、歌詞の中では「もう宿題はやらない」と歌っているので、本当にそういうつもりの作品だったのかもしれない。

同時期に「Don't Let It End This Way - This Mean Old World」という2作品も録音しているが、これらはお蔵入りとなっており、ラッシュにとっては不遇な時期となった。

Search-
"OTIS RUSH" to Night Beat Records
Source-
Otis Rush / Official Website ←※音が出るサイトです
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 14:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTubeでレコード紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。