2011年02月25日

60's Mod R&B * TORE UP (Over You) - Harmonica Fats

60'S R&B 〜 モッド・ダンパ・クラシックス「ハーモニカ・ファッツ/トア・アップ」の初回テイク!

名称未設定-57.jpg

TORE UP (Over You) - Harmonica Fats [Skylark #600] 1962
(Hank Ballard)

Produced by. Len Weisman & The Chords
Lois Music Pub. BMI
Hand Writing Matrix: 45S-600X △446944-X / 45S-600 △44966



前回のレコード紹介記事から、ウェストコースト・ブルース・マンつながりで、7インチ・レコードを一枚ご紹介。

ルイジアナ州マクデード出身で、モダン・ウェストコースト・スタイル。
「ファッツ・ドミノ」や「チャビー・チェッカー」の様に、巨体である事を芸名にしているハープ吹き/歌手「ハーヴィ・ブラックストーン(Harvey Blackstone)」の芸名『ハーモニカ・ファッツ』。

0_HarmFats.gif
人の良さそうなメガネ・オジサン

彼の目指していたところもわりと近く、ファッツ・ドミノ風のロックンロールと、チャビー・チェッカー路線のダンス・スタイルを足して2で割った様な芸風を売りにした。

ハープには見た目程の迫力はないものの、人柄の良さが出た様な、陽気なダウンホーム・スタイルだ。
ボーカルには勢いがあり、ダミ声を震わせたシャウター系のスタイルで、軽妙なR&R・ムードにも絶妙にマッチしている。

とはいってもマイナーな存在の彼ではあるが、「ハーモニカ・ファッツ/トア・アップ」といえば、60'S〜モッズ・シーンでのクラブ・ヒットとして有名で、ストロール・タイムの定番ナンバーとして、クラブ等で耳にした方も多いのではないだろうか。

harmonicafatstoreup.jpg
Darcey盤

ハンク・バラード&ザ・ミッドナイターズ」56年作品のカバーで、↑1962年の〔ダーシー(Darcey)〕盤が小ヒットしたが、今回ご紹介のシングルはそれ以前の(同年)初回ファースト・プレス/別バージョンとなる〔スカイラーク〕盤をご紹介。

バックのオケは全く同じながら、ボーカルのバージョンが少し違う。
よりブルージーなボーカルで歌い、有名なヒット・バージョンのテンションと比べると、いささか泥臭い印象をうける。

ダーシー盤では、曲の最後に無音部分を挟んで「ワン・モア・タイム」的な繰り返しがあるが(DJでは切るべきか、使うべきか悩むところ)、本作では曲が終われば終わってしまうのでちょっと拍子抜けしてしまうが、コレはコレでアリということで。

Search-
"HARMONICA FATS" to Night Beat Records
Source-
Harmonica Fats, Biography - allmusic
Source-
Harmonica Fats, Discography - Wang Dang Dula

harmonica-fats.jpg
Harmonica Fats
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 20:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTubeでレコード紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。