2011年01月17日

Popcorn - New Breed R&B * CHILLS AND FEVER - Johnny Love

johnny_love.jpg

CHILLS AND FEVER - Johnny Love [Startime #5001] 1961
(B.Rackeo - B.Ness)

Hermes Music Co. BMI
Hand Writing Matrix: ST-45-103- E5778 / ST-45-104 E5779



前回のレコード紹介記事から、ポップコーン〜ニューブリード・R&Bつながりで、7インチ・レコードを一枚ご紹介。

クラレンス・カーターの1970年のヒット「パッチズ」の作者として知られる、アラバマ州ベースのR&B・シンガー/ソングライター「ロナルド・ダンバー(Ronald Dunbar)」の芸名『ロニー・ラヴ(Ronnie Love)』。

彼は60年代初〜中期には【マイク・ハンクス】の所有する〔ディー・タウン〕レーベルで、数枚のシングルをリリースしているので、てっきりデトロイトの人かと思っていたのだが、よくよく調べてみると、それ以前にはアラバマをベースに活動していたR&B・シンガーだった。

彼がデトロイトへ移住する前に、「ジョニー・ラヴ」という変名を使い、1960年に〔スタータイム〕という小レーベルからリリースしたのが、今回ご紹介させていただく「チルズ&フィーヴァー」だ。
作者は【Bill Ness & Bobby Rackep】というコンビで、彼らについては詳細が不明だった。

リトル・ウィリー・ジョンの「フィーヴァー」の、楽曲パターンを応用した60'S ジャンプ・ブルースで、おそらくアラバマ録音であろう重厚なR&B・サウンドをバックに、怪しげなマイナーキーを低く歌う、ポップコーン〜ニューブリード・R&Bである。

この作品は当時アラバマでローカル・ヒットし、その話題性で、翌61年には大手〔ドット〕レーベルからリリースされ、全米ポップ・チャートで最高72位/R&B・チャートで最高15位を記録する名実共に名作となった。

1964年に「トム・ジョーンズ」がカバーしていた作品のオリジナル・バージョンでもある。

Search-
"RONNIE LOVE" to Night Beat Records
Source-
Soulful Detroit Forum
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTubeでレコード紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。