2010年12月26日

Novelty Doo-Wop - Oriental R&B * NAGASAKI - The Five Chances

nagasaki_five_chances.jpg

NAGASAKI - The Five Chances [Chance #1157] 1954
(Warren - Dixon)
C-5136
Hand Writing Matrix: C-5136-CS / C-5134-CS (70's Repro)



前回のブログからオリエンタル物つながりで、棚から7インチ・レコードを一枚ご紹介。

1950年にシカゴ・サウス・サイドの黒人ティーンにより結成された「エル・トラヴェーダーズ(El Travadors)」が前身となる、シカゴ・ベースのR&B・グループ『ザ・ファイヴ・チャンセズ』。

890202.jpg

【Art Sheridan】が1950年に設立したレーベル〔チャンス〕からのデビュー・シングルで、このレーベルへの参加をきっかけに彼らはグループ名を『ザ・ファイヴ・チャンセズ』に改名した。
この〔チャンス〕レーベルには、「ザ・フラミンゴス」や「ザ・スパニエルズ」、「ザ・ムーングロウス」等が在籍しており、50年代初期のシカゴ・R&B・シーンでは重要な位置を占めていたが、54年には経営難で倒産し、〔ヴィー・ジェイ〕レコードに買収されている。

彼らはこのレーベルが倒産する直前に入り、唯一のリリースとなったのが、今回ご紹介させていただく「ナガサキ」という作品だった。

作曲者に名前のある「Dixon」は、シカゴのグループという事を考慮して【ウィリー・ディクソン】である可能性が高い。
もちろん日本の“長崎”をモチーフにした作品で、ジャジーにスウィングするバックに乗せて、「ドゥワ〜、ドゥワ〜」というノヴェルティー・コーラスを多様した陽気なドゥーワップ・ナンバーだ。
メロディックな楽曲を軽妙洒脱に歌うジャンプ・ナンバーとしても、普通にカッコイイ・ドゥーワップと思える良好作品だ。

オリエンタル・R&R〜R&Bを集めた傑作コンピ「Chop Suey Rock Vol.1 - Songs About The Orient」にも収録された、オリエンタル・R&B・クラシックス!

9228248.jpg
V.A - CHOP SUEY ROCK Vol.1 のジャケット画像

彼らは〔チャンス〕レーベルに在籍した、他先輩グループの様に〔ヴィー・ジェイ〕レーベルへ移る事もなく、〔Blue lake〕、〔States〕、〔Federal〕等で録音を残し、1960年頃まで活動を続けた。

ちなみにこのオリジはかなり珍しいらしく(Gold Mine Price Guide でもNM $1,000-評価)、このレーベル・スキャン+YouTubeサウンドは70's オールド・リプロ盤からです(しかし、これもなかなかのレア・プレス!)。

Search-
"THE FIVE CHANCES" to Night Beat Records
Source-
The Five Chances, Discography
Source-
The Five Chances, Biography
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 19:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTubeでレコード紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。