2010年12月25日

Oriental Pop - 証城寺の狸囃子 * SHO-JO-JI - Eartha Kitt

名称未設定-65.jpg

SHO-JO-JI (The Hungry Raccoon) - Eartha Kitt [RCA Victor #47-6245] 1955
(Bill Walsh)
Joe Resuman's Orchestra

F2PW-6254
Machine Stamped Matrix: F2PW6254--1S / F2PW6255--1S



前回のブログからオリエンタル物つながりで、棚から7インチ・レコードを一枚ご紹介。
そして今日はクリスマスという事で、アメリカではスタンダードなクリスマス・ソング「サンタ・ベイビー」(1953年)でも有名な歌手/女優/ダンサー『アーサ・キット』の登場です。

eartha_kitt_1226.jpg
Eartha Kitt

1927年1月17日、サウス・キャロライナにて、黒人チェロキー・インディアンの母親と、白人農夫の父親の間に生まれた「アーサ・メエ・キット(Eartha Mae Kitt)」。
8歳の時にニューヨークに移住し、1943〜48の間には「The Katherine Dunham Company」という、米国初のアフリカン・アメリカン芸能会社に所属し、20歳までダンサー/歌手として活動し、この会社と共にワールド・ツアーにも出て、特にフランス・パリで人気を博した。
1950年にはニューヨークでも大きな仕事を得る様になり、【Orson Welles】監督の映画「Dr. Faustus」に初出演し、52年にはThe Village Vanguardで開催されたレビュー「New Faces of 1952」にも出演し、ブロードウェイ歌手としての地位を獲得した。

同じく52年には〔RCA ヴィクター〕からレコード・デビューも果たし、順調に芸能活動を続ける。
「Let's Do It」、「Champagne Taste」、「C'est si bon」、「Just an Old Fashioned Girl」、「Monotonous」、「Je cherche un homme」、「Love for Sale」、「I'd Rather Be Burned as a Witch」、「Uska Dara」、「Mink, Schmink」、「Under the Bridges of Paris」といった、彼女の代表作として知られる多くの名作を残し、53年には冒頭でも出てきたクリスマス曲の「サンタ・ベイビー」で歌手としての絶頂を迎えた。

今回ご紹介させていただくのは55年に〔RCA ヴィクター〕からリリースされた14枚目のシングルで、「ショー・ジョー・ジ」という作品だった。
日本の童謡「證誠寺の狸ばやし」を英語でカバーしている、オブスキュアな作品だ。

彼女は元々、トルコ民謡やフランス・ポップスといった、異国の音楽を得意としており、その流れで日本の童謡にまで関心を持ったのではないかと思われる。

お決まりの中華ドラで「ジャ〜ン」と幕を開け、名楽団【ジョー・レイズマン】の演奏がオリエンタルなポップ・サウンドを奏でる、妄想ニッポン・スタイルを表現した妙曲。
バック・コーラスも中華民謡風で奇妙だが、曲の後半では日本語らしい「負けるな、負けるな、和尚さんに負けるな、コーイコーイ、コイコイコイ、乱れてコイコイコイ」と聞こえる。空耳であって欲しい変なコーラスだ。

楽しい楽曲のはずが、実に怪しいムード満点に仕上がった、オブスキュア・オリエンタル・ポップでした。


60年代に入ってからの彼女は、人気テレビ番組「バットマン」で、2代目キャット・ウーマンという大役を演じ、芸能活動も安泰かと思われた矢先の1968年、アメリカ36代目の大統領「リンドン・ベインズ・ジョンソン」に招かれたホワイト・ハウスでの昼食会にて、「バード・ジョンソン」夫人にベトナム戦争について質問された時、彼女ははっきりとした反戦思想を示した。
その結果、CIAにまで“危険思想人物”としてマークされ、その後10年間はアメリカ国内での仕事は一切禁止されてしまったのである。

earthakitt_catwoman.jpg
Cat Woman

日本では「狸の歌のおばさん」や「キワモノ・ジャズ・シンガー」といったイメージが先行しているみたいだが、反戦に関しては「カシアス・クレイ(モハメド・アリ)」並に男前な人物だと思うし、歌手としてもバーサタイルな歌い手として再評価したい名人である事は間違いない。

最近、Night Beat Records 内で「アーサ・キット」ブームがきているのが、これは必然といった感じだろうか。

Search-
"EARTHA KITT" to Night Beat Records
Source- Eartha Kitt, Official Website
Source- audio-visual-trivia.com
タグ:50's Oldies

♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 20:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTubeでレコード紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。