2010年12月02日

I'M QUALIFIED - Jimmy Hughes

im_qualified_jimmy_hughes.jpg

I'M QUALIFIED - Jimmy Hughes [Guyden #2075] 1962
(Rick Hall - Quien Ivy)
Produced by. Rick Hall

Fame Publishing Co - Dandelion Music BMI
Hand Writing Matrix: J-JHU-1 / J-JHU-2



前回のブログからの初期ソウルつながりで、棚から7インチ・レコードを一枚ご紹介。
再びR&Bバラッドでのセレクトです。

音楽ファンの方なら、サザン・ソウルや、サザン・ロック等で地名をご存知かもしれない、アラバマ州の田舎町マッスル・ショールズ。

65年頃から、「ウィルソン・ピケット」や「アレサ・フランクリン」、「ジョー・テックス」に「パーシー・スレッジ」といったソウル・シンガーによるモンスター・ヒットの数々が、モータウンやブリティッシュ・ビート勢と並び、全米ポップ・チャートを席巻した。
(簡単に言うと)〔アトランティック/スタックス〕系のサウンドが、時代にとって新しい音となった時期だ。

ソウルフルな歌手には、ソウルフルなバッキングが必要だという事に気づいたレコード会社は、後続ヒットを狙い、次々とこの地や、メンフィスに新たな歌手を送り込んだ。
泥臭く土着的なサウンドを手に入れた歌手達は、一躍ヒットを量産する事となり、(ここでも超簡単に言うと)“サザン・ソウル”という一時代を築いた。

このスタジオを設立したのが【トム・スタッフォード】という人物で、地元で活動していた白人R&Bバンド「ザ・フェアレーンズ(The Fairlanes)」(ダン・ペンも在籍)に在籍していたベーシスト【リック・ホール】と、サックス奏者【ビリー・シェリル】に、資金提供したのがきっかけだった。

リックとビリーにはソング・ライティングの才能があり、「George Jones - Aching Breaking Heart」、「Brenda Lee - She'll Never Know」、「Roy Orbison - Sweet and Innocent」といったアーティストへヒット曲の提供も行っていた。
彼らの才能を見抜いた創始者のトムは、彼らの為に音楽出版社の運営と録音スタジオ設立の手助けをした。

そして50年代後半に、アラバマ州のフローレンスという街の、薬局の2階に設立したスタジオが伝説の始まりという、いかにもアメリカン・ドリーム然としたスタートだった。
会社名はこのフローレンスという町名から由来し「Florence Alabama Music Enterprises」から、その頭文字を取り“FAME”という音楽出版社名に決定。
前途洋洋に思えた合資フェイム音楽出版社だったが、どういったわけか60年には彼らのパートナー契約は無くなり、一人になったリック・ホールは独立を決意する事となる。

そして60年代初頭にリックは、マッスル・ショールズのタバコ屋の倉庫に新スタジオを設立し、そこで最初に録音した一人が、「アーサー・アレキサンダー」と言われており、ここで録音された作品で、モッドR&Bクラシックスとしても知られる、62年リリースの「ユー・ベター・ムーヴ・オン」(Dot #16309)は、全米ポップ・チャートで最高24位を記録する大ヒットとなった。
最初のマッスル・ショールズのスターとなったアーサーのお陰で資金も潤い、63年にはスタジオを新たに603 East Avalon Avenueに移し、「フェイム・スタジオ」と名づけた。

そこでリック・ホールが手がけたと言われているのが、今回の主人公の『ジミー・ヒューズ』だった。
64年のヒット「スティール・アウェイ」で有名な人物で、「パーシー・スレッジ」のいとこにあたる。

今回ご紹介させていただく「アイム・クオリファイド」という作品は、フィラデルフィアの〔ガイデン〕レーベルから62年にリリースされ、マッスル・ショールズ地元のラジオ局DJ【クイン・アイヴィー(Quin Ivy)】とリックによる共作だった。
リリース時期の事を考えると、この曲の録音はタバコ屋の倉庫に作られたスタジオだったのかもしれない。

「サム・クック」スタイルのボーカルで歌うアーリー・ソウル・バラードで、歌の上手さはすでに抜群だ。
しかし、このレコードは全くヒットせず、ジミーはこの後すぐに日雇い労働者としてでゴム工場で働きだしたそうだ。
同時に地元のクラブで歌ったりしていたのだが、64年の初頭頃、大きくなっていた「フェイム・スタジオ」に戻り、強力なスタジオ・ミュージシャンのバックアップを得て、名作「スティール・アウェイ」を一発録りで収録。

それからも数曲のヒットを残し、初期のサザン・ソウル・シンガーとして評価されている。

Search-
"Jimmy Hughes" to Night Beat Records
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 20:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTubeでレコード紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。