2010年09月14日

LaVern Baker - Voodoo Voodoo

voodoo_lavern_baker.jpg

LaVern Baker - Voodoo Voodoo [Atlantic #2119] 1961
(Avril - Coleman)
Pub., Progressive, BMI
Hand Writing Matrix: 45A3133-1 / A5677-6



フィメールR&Bつながりで、棚から7インチ・レコードを一枚ご紹介。

最近凝りに凝って、フィメールR&Bを集めていたのですが、中でも「やっぱり熱いな〜」と再認識させられたのが『ラヴァーン・ベイカー』。
「トウィードリー・ディー」や「ジム・ダンディー」といった初期のロックンロール・ナンバーを、オールディーズ感覚で楽しんでいたシンガーだったが、聞けば聞くほどに味わいが増す奥深い歌手なのだ。定番歌手だからといって侮っててはいけない(と自分にも言い聞かせる)。

ドロレス・ラヴァーン・ベイカー(Delores LaVern Baker)という本名で、シカゴに生まれ、戦前ブルース・シンガー「マーリン・ジョンソン(Merline Johnson)」の甥っ子にあたり、また「メンフィス・ミニー(Memphis Minnie)」とも親戚だった。
一流のブルース血統が流れる家系に育ち、46年頃からはシカゴのクラブで、「リトル・ミス・シェアクロッパー(Little Miss Sharecropper)」という芸名で歌いだした。
49年には、エディー“シュガーマン”ペニガー楽団のボーカリストとして、RCAヴィクターに初録音。
そして49年には芸名を「ビー・ベイカー(Bea Baker)」と改め、51年にはナショナルというレーベル、さらにオーケーとコロンビア・レーベルに録音した。

さらに52年には芸名を本名の「ラヴァーン・ベイカー」に変え、トッド・ローズ楽団のボーカリストとして、キング・レーベルにも録音を残した。

その翌年にはアトランティック・レーベルと契約し、「ソウル・オン・ファイア」という曲をレコーディングしたがヒットはしなかった。
続くセカンドシングルもヒットしなかったが、3作目となる55年リリースの作品「トウィードリー・ディー」は、ポップ・チャートでも最高14位/R&B・チャートで最高4位を記録するクロス・オーバーの大ヒットとなった。
バックにはドゥーワップ・グループの「ザ・キューズ」が参加したセッションで、ラテン・リズムを取り入れた陽気なR&B作品だった。

このヒットをきっかけに、一流のR&Bスターの仲間入りを果たし、その後も62年頃まで多くのチャート・ヒットを残した。

2010_9_14_atlantic_records_.jpg

2010_9_14_atlantic_records2.jpg
1955年1月29日のBillboard Magazineに掲載された、アトランティック・レコードの広告(一番左下がラヴァーン・ベイカー)

そんなヒットの中に埋もれていた注目すべき作品が、今回ご紹介させていただく、アトランティックから61年にリリースされた、同レーベルでのソロ通産25作目となるシングル「ヴードゥー・ヴードゥー」という作品だった。

2010_9_14_lavern_baker_1.jpg
1961年9月18日のBillboard Magazineに掲載された新譜レビュー

プロデュースはなんと、下積み時代の「フィル・スペクター」で、作者は「チェス・アヴリル+アンドリュー・コールマン」という作曲家による作品。

タイトル通り“ヴードゥー教”をテーマにした作品で、軽快なダンス・ビートの正統派R&Bだ。
後のフィル・スペクターの仕事ぶりを期待して聞くと、イメージが全然違うのでポップ・ファンはガッカリするかもしれない。
しかし、ティーン向けなポップ性を重視しようとした意思は、バックのアレンジを聞いてもなんとなく分かる気がするが、ラヴァーンの堅気なR&Bシンガーとしての歌声がそうはさせなかった。
ネガティヴな曲のテーマも相まって、どこかダークな印象の60'S R&Bとなったが、今となっては逆にそれが良く聞こえる、隠れた名作&名演だ。

彼女の他の諸作品に比べると、ボーカルでは“怒気”や“痛切さ”といったソウル面が弱い気はするが、アップテンポで明るい調子の曲調にはハマっており、意外とあっさりと楽しめ、聞き終えた時にはスッキリした感覚を覚える作品だ。
これぞロックンロールであり、さすが、フィル・スペクターの仕事であると、高く再評価したいニューブリードR&Bだ。

LaVern_Baker.jpg
Lavern Baker

Source-
Source - Lavern Baker, Discography - Soulful Kinda Music

Search-
"LaVern Baker" to Night Beat Records
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 15:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTubeでレコード紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。