2010年07月20日

Osaka Twist And Shout - July.2010

皆さん連休はいかがお過ごしだったでしょうか??

私は主催のイベント、「オオサカツイストアンドシャウト」の開催があり、楽しく遊ばせてもらいました。

20100718_twist_flyer.jpg
当日のイベント詳細はこちら

当日、会場にお越しいただいた皆様、本当にありがとうございました!
たくさんの方にご来場いただき、感謝の気持ちでいっぱいです。

22時半オープンで、いつもより少し遅めのオープンだったにも関わらず、長く熱い一夜の思い出となりました。

私のDJで幕を開け、最初の30分はドゥーワップから50's R&B系で、軽くウォーミングアップ。

RIMG2509.jpg
本日は夏使用でアロハ着用ですた

そしてレジデントDJのモモちゃんにチェンジ。

RIMG2512.jpg
Smile!

ロッキンな観点の踊れる選曲で、フロアの温度が徐々に上昇。
50'sともModともクロスオーバーする、絶妙なセレクトを楽しませてもらいました。
おっ!と気になるカッコイイ曲も多く、レコードのリサーチにも余念がなく、DJとしての誇りの高さを痛感。

今からゲストタイムも始まる。
フロアにもお客さんも増えてきた様子。

R0012414.jpg
Guest DJ,Penny Flamingo こと北村君

10年以上の付き合いになる友人北村君です。
50's R&BからSoulへと時代背景を考慮した、選曲の流れは、流石でした。
そしてそこに一本芯の通った“モッド魂”。
現在は自身のバンド「ザ・フラミンゴ・クラブ」に専念している為、DJは数年ぶりだったとの事でしたが、昔と変わらぬモチベーションの高さに感動。
レコード・コレクションの質の良さも、評価したい点でした。

R0012416.jpg
Guest Live.The Mercies from 東京

R0012417.jpg

先月のアメリカ・レコード買い付けで渡米時に、移動の車内で幾度となく聴いていたので、耳に馴染んでいた彼女達のオリジナル・ナンバー等にも、ノレて楽しかったです。
オリジナル曲でもアレンジに工夫があったり、カバー曲の選曲にも女学生によるグループとは思えぬ渋みがあったり、とサウンドの面でも楽しませてもらいました。
また想像していた以上に、バンドとしての力量が高く、演奏や見せ方にもアイデアが溢れていました。
そしてまたボーカルが良い。カッコ可愛いというか、英国のルルやキャピトル時代のワンダ・ジャクソンの様な。
彼女達の人柄も良かったので、そういった面もまた一段と好きになったグループ。
いやはや最高のステージでした。

R0012422.jpg
フロアも大盛り上がり

R0012423.jpg

久々の酸欠ナイトとなりました。(実際に会場内では、ライターやマッチが付かなくなる状態)

そしてレジデントDJのオカちゃん

6344556_232129517_1large.jpg
(オカちゃん、写真もらったよ!)

ブリティッシュ・ビート中心の選曲で、ライヴ直後のフロアの熱気をそのままキープしてくれる、熱っぽいプレイでした。
板についたMCも、酔っ払いとは思えない快活さでオーディエンスを煽っていました。
彼の主催でもある「It's Finking Time!」等で経験した、ライヴ・イベントでも実力を発揮するDJとして高パフォーマンスには今後も期待です。

R0012425.jpg

R0012428.jpg

そして続くゲストDJ

R0012431.jpg
DJ Naoちゃん from 名古屋 Scorpion Death Rock + Do The Cochin!

今夜はほぼガールズナイト

名古屋のイベント「スコーピオン・デス・ロック」「ドゥ・ザ・コーチン」等に出演中の人気売れっ子DJ ナオちゃん。
持参の赤電話ヘッドフォンを手慣れた感じで扱い、レコード・ホップDJとしての安定感抜群のプレイでフロアを沸かしてくれました。
50's R&B、R&R、ツウ好みな選曲の連続で、JiveやStrollを踊れない私でも耳で楽しませてもらいました。
うん〜、カッコエエですねー。

続く女子DJは

R0012437.jpg
DJ Aiko from Pub Kenneth 神戸

お世話になっている神戸「ヌードレストラン」主催者で、神戸「パブ・ケネス」のオーナー北秋さんの奥方である。

リズム感を重視したダンサブルな選曲で、R&B〜Soul等をプレイ。
個人的にも欲しくなる60'S R&Bや、再認識させらた名作の良さにビビっときました。
女子人気も高く、DJブース前にはデジカメを構えた女の子の姿が多数。

R0012444.jpg

そして

R0012448.jpg
Mikiちゃん Set Me Free

カリプソやスカ等の、カリブ海サウンドを中心にした、ダンサブルな選曲で、夜中3時のフロアを熱くしてくれました。
キラーなスカや、メロウなロックステディーといったエキゾチックなセレクトに加え、途中からMCでブース入りした、シンゾー君(Set Me Free / e,Osaka Twist And Shout)のマイクパフォーマンスも加わり、盛り上がりも最高潮に!

このあたりからフロアの酸素状態も本格的に薄くなってき、フロアには謎の浸水が。。

そして酒と音まみれの宴は朝まで続き、クローズの5時までフロアには多くのお客さんに残っていただきました。

今回も本当に楽しかったです!
遊びに来てくれたたくさんの皆様、ありがとうございました!
そしてゲストで参加してくれた、ザ・メルシーズのメンバー、DJ 北村君、アイコさん、ナオちゃん、ミキちゃん、ありがとうございました!
最後に、ツイストクルー、オカちゃん、ももちゃん、会場のクラブ・ストンプのスタッフの方々にも感謝しております!

Thank you very much!
See you next time!!
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 18:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。