2010年07月18日

Richard Wylie & His Band - Money

money_richard_wylie.jpg

Richard Wylie & His Band - Money [Motown #1009] 1961
Hand Writing Matrix: H683 / H673
Machine Stamped: Bell Sound / AudioMatrix / ARP



※アップした動画がブロックされたので、他の人がアップしていた同音源のリンクを貼っておきます
http://www.youtube.com/watch?v=joM6VvLYGD4

デトロイトの名裏方で、忘れがたい人物が『リチャード“ポップコーン”ワイリー』だ。

1939年6月6日にデトロイトで生まれ、本名は「リチャード・ウェイン・ワイリー(Richard Wayne Wylie)」。

高校時代には自身のグループ「ザ・モホウクス(The Mohawks)」を結成し、自宅のガレージで練習したりしていた。
そのメンバーには、後の「ザ・ファンク・ブラザーズ」として知られる様になる、伝説のベーシスト「ジェームス・ジェマーソン(James Jamerson)と、ドラマーの「クリフォード・マック(Clifford Mack)、そして名作家「ノーマン・ウィットフィールド(Norman Whitfield)」も在籍していた。なんとも強烈な面子ではないか。

ある日、地元のクラブ「20グラント・ナイトクラブ(Twenty Grand nightclub)」に出演した際に、クラブを訪れていたベリー・ゴーディー Jr.の目にとまり、スカウト。
59年には設立後間もないモータウンへ入社し、友人の「ロバート・ベイトマン」と共に働き始める事となる。

60年には「ジョニー・メエ・マシュー」が設立した、ノーザンというインディペンデントレーベルから、シングル曲「Pretty Girl / You're The One」(Northern #3732)をリリースする。
61年にはモータウンより、「ポップコーン&ザ・モホウクス(Popcorn & The Mohawks)」名義で「Shimmy Gully / Custer's Last Stand」(Motown #1002)をリリースし、同年に続くセカンドシングルとして出されたのが、本日ご紹介させていただく「マネー(ザッツ・ワット・アイ・ウォント)」だった。

2010_7_18_01.jpg
1961年5月1日のBillboard Magazine レビュー

ご存知、60年にタムラから出された「バレット・ストロング」のカバーで、こちらもベリー・ゴーディー Jr.による制作だ。
同時期にヒットしていた、ロサンジェルスのスタジオミュージシャンによる、架空のインストゥルメンタル グループ「B.バンブル&ザ・スティンガーズ」の手法を取り入れたアレンジで、リチャード自身のピアノ伴奏によるロッキントラックである。
スティンガーズでピアノを弾いていた、「アーニー・フリーマン」も顔負けなブギーに乗せ、ゴスペル色の強いドス黒ボーカルでシャウトする、キラーバージョン!
リトル・リチャードや、ジェリー・リー・ルイスを真似て演奏し、巨体を揺らしながら歌っている姿を想像すると、実に迫力があってワイルドだ。
最初期モータウン産のオブスキュア・トラック。

また彼は、ジェームス・ブラウン、アイク&ティナ・ターナーと並ぶ、名物R&Bショウ“モータウン・レビュー”の初期バンド・リーダーとしても活躍した。

62年にはモータウンを退社しフリーランスとなり、コレクトーン(Correc-tone)やコンチネンタル(Continental)、ゴールデン・ワールド(Golden World)等のレーベルでも仕事。
そして、自身のレーベルパメライン(Pameline)/ソウルホウク(Soulhawk)を設立し、良質なデトロイト サウンドを発信し続けた。

2010_7_18_02.jpg 2010_7_18_03.jpg

Source-
Richard "Popcorn" Wylie, Biography
(soulfuldetroit.com)
Richard "Popcorn" Wylie, Biography
(The Sunday Times)
Richard "Popcorn" Wylie, Discography
(Soulful Kinda Music)
Motown Label, Discography
(Soulful Kinda Music)

Search-
"Richard "Popcorn" Wylie" to Night Beat Records
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 16:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTubeでレコード紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。