2010年07月13日

Jay Wiggins - Sad Girl

sad_girl.jpg

Jay Wiggins - Sad Girl [IPG #1008] 1963
Hand Writing Matrix: PG-55011-1A / PG-55012-1B



ピッツバーグ・バラード繋がりで、類似性のある作品で一曲ご紹介。

メアリーランド州ランドーヴァーがベースの、R&Bシンガー『ジェイ・ウィギンス』。
今回ご紹介させていただく作品「サッド・ガール」が有名で、わりと名の知れたシンガーなのだが、なぜだか生い立ちに関しては情報がほとんど無かった。
本人のマイスペースにも記載されていないので、本当に謎なのかもしれない。

1963年に、インディペンデント・プロデューサーズ・グループ(略して「IPG」)からリリースされたファーストシングルで、ワシントンD.C.でのローカルヒットをし、イーストコーストを中心にヒットした彼の代表作品だ。

ちなみに彼の息子のマイスペースには、「親父の書いた「サッド・ガール」は、あのモータウン時代にナンバーワンのスマッシュヒットとなった!」とハッタリを書いてしまっている。
Growing up in the footsteps of his dad, Jay Wiggins, who wrote and performed the #1, 1963 Motown era, smash hit song “Sad Girl”.

2010_7_13_02.jpg

2010_7_13_01.jpg
当時「Billboard Magazine」の広告

作曲は、ロイド・スミスという人物との共作で、ドゥーワップ風のオールドスクール感も漂うR&Bバラードだ。
ホーンがコーラスの役目も果たしている様なサウンドアレンジで、スムースな演奏をバックに、なかなかディープなボーカルで歌い上げる力作である。

60年代半ばには、フィラデルフィア〜ボルチモア周辺でも人気曲となり、この作品を収録したコンピレーション・アルバムや、リイシューシングルも多数出ている。
コレクラブルズの前身となる「ロストナイト」では、人気DJセレクトによるV.Aアルバムが多く作られており、「Georgie Woods Presents: 20 Oldies from the Past (LP-110)」、「The Best of Frankie Crocker (LP-115)」、「John Richbourg Presents 20 Golden Oldies (LP-118/LPS-118)」、「Fat Daddy's Favorite Oldies (LP-125/LPS-125)」といった、名のあるDJがこぞって選曲してしまうほどの過熱ぶりだった。

lostnite110.jpg lostnite115.jpg
lostnite118.jpg lostnite125.jpg
lostnite126.jpg lostnite131.jpg
↑これら全部に収録!

同じく、ロストナイト編集による、WFIL局セレクトのV.Aアルバム、「WFIL Pop Oldies Explosion, Vol.3 (LP-131/STLP-131)」と、「WFIL-56 Solid Gold (LP-151)」に、2度も登場している。

現在でいうところの、通称“フィリー・オールディーズ”の基礎を作った、ロストナイトの仕事による65年〜72年の間での話だが、上記の様に執拗なまでに取り上げられている。
リリースと同年となる63年には、再発専門のエリックからもすでにリイシュー盤がリリース。

また同じペンシルヴァニア州でもピッツバーグが拠点の名DJ、「マッド・マイク」クラシックスとしても知られ、昨日もご紹介したV.Aシリーズのひとつ、「Pittsburgh's Favorite Oldies "For Lovers Only V" The Mad Mike Album, In Memory of 1936-2000」の2-26にも収録されている。

1003b.gif

とにかくバラード曲ながら、DJはマストと言わんばかりの、ディスクジョッキーズ・フェイバリット チューンなのである。

66年には「Amy #955」にて再発されたが、ここでは事情が違う様な気もする。
アトランティック系を中心に黄金期を迎えようとしていた、サザン〜ディープ ソウルとしても充分に通用すると見越され、3年越しの再リリースが決定されたのであろうと思う。
実際に、この「Amy/Mala/Bell」系レーベルは、この年にメンフィスのサザンソウル金字塔ともいえる「ゴールドワックス」レーベルを買収しており、ソウルミュージックに力を入れ始めていた事が、その推測の証左となりうるはずだ。(Goldwax 300番台からが、ベルのディストリビュート )

肝心のジェイ・ウィギンス本人はというと、「JW」「Solid Soul」というレーベルから数枚のレコードを残したきり、音楽業界からは遠ざかっており、イスラム教の信者という理由だけで3年間刑務所に投獄されるという経験もしている。
最近はムスリム名「マジード(Majeed)」でカンバックし、R&B/ソウル/ジャズ歌手として活動を再開している様子である。

l_9955fc59b2584f23d6b2fef253c598da.jpg
Jay Wiggins

Source-
Jay Wiggins, Biography & Discography
(Sir Shambling's Deep Soul Heaven)
Jay Wiggins aka Majeed
(my space)

Search-
"Jay Wiggins" to Night Beat Records
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 13:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTubeでレコード紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。