2014年03月30日

60'sフィメールR&B★エッタ・ジェームス

ETTA JAMES - SEVEN DAY FOOL [Argo 5402] 1962



ETTA JAMES - SEVEN DAY FOOL [Argo 5402] 1962
(Billy Davis)
U-10424 BMI
Matrix Number: 10424 T.M

seven_day_fool_etta_james.jpg

ETTA JAMES - MELLOW FELLOW [Argo 5485] 1964



ETTA JAMES - MELLOW FELLOW [Argo 5485] 1964
(Ed Townsend)
Cherri Town Music BMI
Matrix Number: 13461 T.M1058

mellow_fellow_etta_james.jpg

昨夜のNude RestaurantのゲストDJ= Danさん (The Great WILD CHILD Show from 札幌)のプレイは凄まじかった!New Breed R&B/Popcorn/Boogaloo etc.でレア盤のオンパレード!レコード・コレクトにかける熱い想いを痛感した一夜でした。

231093777_1371400945.jpg
Etta James

というわけでエッタ姉さんのハードでヘヴィーなR&Bストンパーを2作品ご紹介させてもらい、明日よりアメリカに買い付けに行ってまいります!

気合い入れて良いレコード探してきます目

Search-
"ETTA JAMES" to Night Beat Records
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 19:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTubeでレコード紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2014年03月29日

60'sシカゴ★フィメールR&B

AMANDA LOVE - YOU KEEP CALLING ME BY HER NAME [Starville 1203] 1967



AMANDA LOVE - YOU KEEP CALLING ME BY HER NAME [Starville 1203] 1967
(London)
Melva Music
Matrix Number: 367-3404

starville_1203.jpg

JO ANN SMITH - WORK WITH ME RINGO [Groovy 101] 1963?



JO ANN SMITH - WORK WITH ME RINGO [Groovy 101] 1963?
(Ballard)
Armo BMI
Matrix Number: GR-101-A

groovy_101_a.jpg

JO ANN SMITH - I DON'T CARE [Groovy 101] 1963?



JO ANN SMITH - I DON'T CARE [Groovy 101] 1963?
(Saunders)
Rambler BMI Eldorado BMI
Matrix Number: GR-101-B

groovy_101_b.jpg

GLORIA BROWN - LOOKING FOR MY BABY [Checker 1050] 1963



GLORIA BROWN - LOOKING FOR MY BABY [Checker 1050] 1963
(Joy Byers)
Hill & Range BMI
Matrix Number: 12337 T.M0529

im_not_teasing_lucky_laws.jpg

LUCKY LAWS - I'M NOT TEASING [Lu-Cee 4001] 1963



LUCKY LAWS - I'M NOT TEASING [Lu-Cee 4001] 1963
(Wm. McGregor)
Zoric BMI MC 4001
Matrix Number: LC-4001

looking_for_my_baby_gloria_brown.jpg

Search-
"AMANDA LOVE" to Night Beat Records
Search-
"JO ANN SMITH" to Night Beat Records
Search-
"GLORIA BROWN" to Night Beat Records
Search-
"LUCKY LAWS" to Night Beat Records
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 18:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTubeでレコード紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2014年03月27日

60'sフィメールR&B★デューエッツ+ボビー・スター

DU-ETTES - PLEASE FORGIVE ME [One-Derful 4827] 1964



DU-ETTES - PLEASE FORGIVE ME [One-Derful 4827] 1964
(Rice - Williams - Kelly)
Va-Pac Music BMI
Matrix Number: 3085 IRC/45

one_derful_4827.jpg

BOBBY STARR - HEY BOBBY [One-Derful 4829] 1965



BOBBY STARR - HEY BOBBY [One-Derful 4829] 1965
(Williams - Hayes)
Va-Pac Music BMI
Matrix Number: 3096 IRC-45

one_derful_4829.jpg

One-Derfulレーベルの女性R&Bつながりで2作品をご紹介させていただきます

OneDerFul.jpg

The Five Du-Tones , Alvin Cash & the Crawlers , McKinley Mitchell etc.で知られるシカゴのインディー・レーベルです。サブ・レーベルにMar-V-Lus , M-Pac!がります。黒人向けに作られた上質なR&B〜ソウルが充実したレーベルです。

MI0001426287.jpg

今回取り上げたのは"Heat Wave"スタイルの"Please Forgive Me"と、"Name Game"スタイルの"Hey Bobby"の2曲で、どちらもアッパーなダンス・チューンかつ、ロックンロールにも通じるワイルドさで痛快でするんるん



Search-
"DU-ETTES" to Night Beat Records
Search-
"BOBBY STARR" to Night Beat Records
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 20:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTubeでレコード紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2014年03月26日

60'sフィメールR&B★ベティー・エヴェレット

BETTY EVERETT - I'VE GOT A CLAIM ON YOU [One-Derful 4806] 1962



BETTY EVERETT - I'VE GOT A CLAIM ON YOU [One-Derful 4806] 1962
(Betty Everett)
LaMaja Music BMI
Matrix Number: ZTSC82350-1KD

ive_got_a_claim_on_you_bett.jpg

BETTY EVERETT - PLEASE LOVE ME [One-Derful 4823] 1963



BETTY EVERETT - PLEASE LOVE ME [One-Derful 4823] 1963
(Higgins - Boler)
La-Maja Music BMI
Matrix Number: 166401A 3047

please_love_me_betty_everet.jpg

女性R&Bシンガーつながりで、ベティー・エヴェレットの2作品をご紹介させていただきます

p01bqv9x.jpg
Betty Everett

Vee-Jayレーベルでのヒット="Shoop Shoop Song"、"You're No Good"、"I Can't Hear You"や、ジェリー・バトラーとのデュエット等で有名になったポップ派R&B〜ソウル歌手です

BE-JB.jpg
Betty Everett and Jerry Butler

ベティーさん、実は堅気なリズム&ブルース・シンガーであったが、Vee-JayレーベルのA&R=カルヴィン・カーターの助言により、ポップ路線にスタイルを変更した。ポップスを歌う事にベティーさん本人は抵抗があったそうだ。

img_f20131125-185941.jpg
Betty Everett

どのくらい「堅気」なリズム&ブルース・シンガだったかは、今回取り上げた様な初期作品を聞いてみるとよく分かる。バッキングの気迫が凄いのもあるが、こぶしを効かせたボーカルはめちゃくちゃ男前なのである手(グー)

Search-
"BETTY EVERETT" to Night Beat Records
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 20:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTubeでレコード紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2014年03月25日

60'sフィメールR&B★ジェムス+ミッティー・コリアー

GEMS - LET YOUR HAIR DOWN [Chess 1863] 1963



GEMS - LET YOUR HAIR DOWN [Chess 1863] 1963
(Billy Davis)
Chevis Music BMI
Matrix Number: 12468 T.M0640

let_your_hair_down_gems.jpg

MITTY COLLIER - FREE GIRL (In the Morning) [Chess 1907] 1964



MITTY COLLIER - FREE GIRL (In the Morning) [Chess 1907] 1964
(M.Colier & B.Davis)
Chevis Music BMI
Matrix Number: 13358 T.M1015

free_girl_mitty_collier.jpg

お店のホームページの大規模リニューアル作業の為、多忙を極めております。なので記事の内容を書く余裕もなくスミマセン。朝から夜中まで毎日カチカチカチカチ…。仕上がりをお楽しみにしておいてください☆
YouTube音源とレーベル画像のみですが、女性R&Bつながりで、ビリー・ディヴィス関連の2作品をご紹介させていただきます。

Search-
"GEMS" to Night Beat Records
Search-
"MITTY COLLIER" to Night Beat Records
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 20:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTubeでレコード紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2014年03月23日

60'sフィメール・ブルース★ベティー・ジェームス

BETTY JAMES - HENRY LEE [Chess 1837] 1962



BETTY JAMES - HENRY LEE [Checker 1837] 1962
(B.James)
Arc Music Corp. BMI
Matrix Number: T.M0328 11684

henry_lee_betty_james.jpg

BETTY JAMES - I'M NOT MIXED ANYMORE [Chess 1837] 1962



BETTY JAMES - I'M NOT MIXED ANYMORE [Chess 1837] 1962
(B.James)
Arc Music Corp. BMI
Matrix Number: T.M0328 11689

im_not_mixed_up_anymore_bet.jpg

Search-
"BETTY JAMES" to Night Beat Records
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 19:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTubeでレコード紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2014年03月22日

60'sフィメール・ブルース★コ・コ・テイラー+ベティー・ジェームス

KO KO TAYLOR - WANG DANG DULA [Checker 1135] 1966



KO KO TAYLOR - WANG DANG DULA [Checker 1135] 1966
Produced by Willie Dixon
(Willie Dixon)
Arc Music Corp. BMI
Matrix Number: T.M 1485 14389

checker_1135.jpg

BETTY JAMES - I'M A LITTLE MIXED UP [Chess 1801] 1961



BETTY JAMES - I'M A LITTLE MIXED UP [Chess 1801] 1961
(James, Johnson)
Sunflower, Garnet ASCAP
Matrix Number: 11193

chess_1801.jpg

koko_taylor_1417247c.jpg
Ko Ko Taylor

OldSchoolKoko.jpg
L-R: Muddy Waters, Viola Spearman (Koko's sister), Levi Walton (Koko's brother), Otis Spann, Vera Walton (Levi's wife), Elga Edmonds, Koko Taylor, Robert Taylor, Jimmy Rogers and Savannah Becton (Koko's sister)

rhythm_blues1.jpg

Search-
"KO KO TAYLOR" to Night Beat Records
Search-
"BETTY JAMES" to Night Beat Records
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 17:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTubeでレコード紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2014年03月21日

中西部フィメール・ソウル★ザ・マーティネルズ+フォンテラ・バス+シュガー・パイ・デサント

THE MARTINELS - I DON'T CARE [Success 110] 1963



THE MARTINELS - I DON'T CARE [Success 110] 1963
(Davis)
Plywood Music BMI
Matrix Number: ZTSC 90469-1KA

i_dont_care_martinels.jpg

FONTELLA BASS - HONEY BEE [Bobbin 140] 1962



FONTELLA BASS - HONEY BEE [Bobbin 140] 1962
with Oliver Sain's orch.
(Campell - Sain)
Lyco Music BMI
Matrix Number: 11783 T.M0389

honey_bee_fontella_bass.jpg

SUGAR PIE DESANTO - OPEN YOUR HEART [Checker 1031] 1963



SUGAR PIE DESANTO - OPEN YOUR HEART [Checker 1031] 1963
(Miner - Jackson)
Arc Music BMI
Matrix Number: 1632-1A

checker_1031.jpg

SUGAR PIE DESANTO - CAN'T LET YOU GO [Checker 971] 1961



SUGAR PIE DESANTO - CAN'T LET YOU GO [Checker 971] 1961
(Alvin & Peylia Parham)
Arc Music BMI
Matrix Number: 45-10556 38010 Sheldon (MR)

checker_971.jpg

b241f678.jpeg
Fontella Bass

絶賛お店のホームページ・リニューアル作業で多忙につき、YouTubeのアップのみでお楽しみくださいふらふら

sugarpie.jpg
Sugar Pie DeSanto

Search-
"THE MARTINELS" to Night Beat Records
Search-
"FONTELLA BASS" to Night Beat Records
Search-
"SUGAR PIE DESANTO" to Night Beat Records
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 19:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTubeでレコード紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2014年03月19日

1964年Detroitのフィメール・ソウル★ワニータ・ウィリアムス+ジ・アドラブルズ

JUANITA WILLIAMS - BABY BABY [Golden World 18] 1964



JUANITA WILLIAMS - BABY BABY [Golden World 18] 1964
Produced by, Rob Recco. Arranged by, Sammy Lowe
(B.Hamilton, R.Savoy, A.Hamilton)
Myto Music BMI
Matrix Number: ZTSC-97604-1E

baby_boy_juanita_williams.jpg

THE ADORABLES - DEEP FREEZE [Golden World 4] 1964



THE ADORABLES - DEEP FREEZE [Golden World 4] 1964
Produced by, Bob Hamilton
(F.Gorman, F.Blackburn, Don Juan Mancha)
Myto Pub. BMI
Matrix Number: ZTSC 94487-2KB

deep_freeze_adorables.jpg

フィメール・シンガーつながりで、デトロイトのGolden Worldより2曲をご紹介させていただきます

05-1-golden_world-davison.jpg
旧 Golden World スタジオ @ 3246 West Davison

このレーベルから出されたヒット曲= The Refrections の"(Just Like) Romeo & Juliet"は永遠の名曲として長年愛聴しているレコードで、今後もそれは変わらないはずだ。

今回取り上げた二作品はマイナーながら、ベイビー・ワシントン風のアップタウン・ソウル="Baby Baby"と、"Heat Wave"風のダンス・ナンバー="Deep Freeze"、どちらも上質だ。

Search-
"JUANITA WILLIAMS" to Night Beat Records
Search-
"THE ADORABLES" to Night Beat Records
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 20:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | ナイトビートレコード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2014年03月18日

1964年のフィメール・ソウル★タミー・モンゴメリー+キャロル・ヴェガ

TAMMY MONTGOMERY - IF I WOULD MARRY YOU [Checker 1072] 1964



TAMMY MONTGOMERY - IF I WOULD MARRY YOU [Checker 1072] 1964
A Bert Berns Production, Arr. & Cond. by Garry Sherman
(B.Russell & T.Montgomery)
Robert Mellin Inc. BMI
Matrix Number: 12596

if_i_would_marry_you_tammy_montgomery.jpg

CAROL VEGA - I NEED YOU AROUND [Constellation 121] 1964



CAROL VEGA - I NEED YOU AROUND [Constellation 121] 1964
(W.R. Emerson)
Joni-Riverline Music BMI
Matrix Number: 2283-01B C-64-157

女性ソウル・シンガーつながりで、タミー・モンゴメリー =later known タミー・テレルと、キャロル・ヴェガという歌手の二作品をご紹介させていただきます

i_need_you_around_carol_vega.jpg

マーヴィン・ゲイとのデュエット・ヒッツ、「モータウンのシンデレラ」「ジェームス・ブラウンの元カノ」(J.Bレビューの歌手としても活躍)etc.で知られる様になるタミーさんですが、デビューは1961年で、1965年にモータウン入りする前には Scpeter , Wand , Try Me (←Tana Montgomery名義)そしてこの Checker に4枚のシングルを残しています

tammi terrell - Google Search - Mozilla Firefox 282014 30451 AM.jpg
Tammi Terrel

"If I Would Marry You"は名人バート・バーンズによるプロデュースで、アレンジャーには、これまた名人のギャリー・シャーマンが参加した、メイド・イン・ニューヨークなアップタウン・ソウル・ナンバー。

Tammi_Terrell.jpg
Tammi Terrel

曲調はアイネズ&チャーリー・フォックス兄妹の"Mockingbird"風でモッドな味わいのアーリーソウルです。

22253-unsung-tammi-terrell-.jpg
Tammi Terrel

キャロル・ヴェガに関してはノー・インフォなので、ポップさとフット・スタンピンなリズムがナイスなR&Bダンス曲とだけ記しておきます。シカゴ録音?

261286_2039660802953_2028106_n.jpg
オマケ:Sam Cook, Tammi Terrel and Betty Harris.
Search-
"TAMMY MONTGOMERY" to Night Beat Records
Search-
"CAROL VEGA" to Night Beat Records
Source-
TAMMI TERRELL, Discography - Soulful Kinda Music
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 19:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTubeでレコード紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2014年03月17日

デトロイト・ソウル★キャロライン・クロフォード+テレサ・リンゼイ

CAROLYN CRAWFORD - WHEN SOMEONE'S GOOD TO YOU [Motown 1070] 1964



CAROLYN CRAWFORD - WHEN SOMEONE'S GOOD TO YOU [Motown 1070] 1964
(Berry Gordy Jr.)
Jobete BMI
Matrix Number: RK4M-2395-1 NashvilleMatrix

when_someones_good_to_you_carolyn_crawford.jpg

THERESA LINDSEY - GOTTA FIND A WAY [Correc-Tone 5840] 1963



THERESA LINDSEY - GOTTA FIND A WAY [Correc-Tone 5840] 1963
Produced by Richard Wylie
(Richard Wylie - Nikki Todd)
Correc-Tone and Finn Music
Matrix Number: COR-7504-12

gotta_find_a_way_theresa_lindsey.jpg

デトロイトつながりで、R&Bから趣を変えて初期ソウルでキャロライン・クロフォードテレサ・リンゼイの二作品をご紹介させていただきます

carolyn-crawford3.jpg
Carolyn Crawford

"My Smile Is Just A Frown Turned Upside Down"をヒットさせた(US R&B: #39)=キャロライン・クロウフォードの1964年マイナーシングルは、"My Smile Is Just A Frown Turned Upside Down"をフォローアップしたメロウ・ソウル・ナンバー。アレンジにシカゴっぽさもあって、こういうのもえぇんですよな〜

01-Correctone.jpg
Theresa Lindsey (画像は Soulful Detroit - The Holidays Story から拝借)

そしてもう一曲デトロイトのストロング派無名ディーヴァ=テレサ・リンゼイさんによる1963年のゴールデン・ワールド・スタジオ録音による"Gotta Find a Day"は、リチャード“ポップコーン”ワイリー制作で、アトランティック・レコードから全米配給されそれ、なりの売れゆきを記録しています。同年にモータウンから発売されたマーサ&ザ・ヴァンデラスの"Heat Wave"と比べても劣らぬクオリティーのアーリーソウル・ナンバーです。

Search-
"CAROLYN CRAWFORD" to Night Beat Records
Search-
"THERESA LINDSEY" to Night Beat Records
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 19:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTubeでレコード紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2014年03月16日

デトロイトR&B★ナサニエル・メイヤー+ノーラン・ストロング

NATHANIEL MAYER & THE FABULOUS TWILIGHTS - LEAVE ME ALONE [Fortune 487] 1962



NATHANIEL MAYER & THE FABULOUS TWILIGHTS - LEAVE ME ALONE [Fortune 487] 1962
(N.Mayer)
Trianon Publications BMI
Matrix Number: ZTSP 81731-1E

fortune_487.jpg

NOLAN STRONG & THE DIABLOS - THE MAMBO OF LOVE [Fortune 525] 1957



NOLAN STRONG & THE DIABLOS - THE MAMBO OF LOVE [Fortune 525] 1957
(Devora Brown)
Trianon Publications BMI
Matrix Number: 525 F92 130

fortune_525.jpg

昨日誕生日を迎えました。お祝いのメールやメッセージを送ってくれた皆様の心温かさに感謝いたします!34歳も精進して参りますので、ご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします!!


Nathaniel Mayer

デトロイトのR&Bつながりで、アップするタイミングを逃していた曲を補填する感じで、ナサニエル・メイヤーノーラン・ストロングの二作品をご紹介させていただきます

diablosL.jpg
The Diablos

ヒット曲"Village of Love"のフォローアップ曲="Leave Me Alone"がロックン・ソウルでイケてます。Fortune録音らしいRawな雰囲気は残しつつ、大手 United Artists からのディストリビュート&コロンビア工場によるレコードのプレッシングで、サウンドの輪郭が際立っており、それまでのFortuneサウンドよりも明白な鮮明さが良いです。

UFTN_8010__65392__12222009040121-3329.jpg

同じFortuneレーベル内でも Marsha Renay "Cha-Lypso Of Love" (1960) と、 Don Lane "Cha Cha Of Love" (1956) で包み隠さず楽曲を使いまわすほどに、ビューティフルなメロディーが際立ったラテン・ナンバー="The Mambo of Love"も要注目のマンボR&Bです。

Search-
"NATHANIEL MAYER" to Night Beat Records
Search-
"NOLAN STRONG & THE DIABLOS" to Night Beat Records
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 19:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTubeでレコード紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2014年03月12日

デトロイトR&B★アンドレ・ウィリアムス+ジノ・パークス+ザ・ファイヴ・ダラーズ

ANDRE WILLIAMS with GINO PARKS - DON'T TOUCH [Fortune 839] 1957

)

ANDRE WILLIAMS with GINO PARKS - DON'T TOUCH [Fortune 839] 1957
(D.Brown - A.Williams)
Trianon Publications BMI
Matrix Number: 839 F1 129X 130 (M)

dont_touch_andre_williams.jpg

THE FIVE DOLLARS - HOW TO DO THE BACON FAT [Fortune 833] 1957

)

THE FIVE DOLLARS - HOW TO DO THE BACON FAT [Fortune 833] 1957
(A.Williams - Ed Hurt - Lonnie Heard)
Trianon Publications BMI
Matrix Number: 45 833 F99

how_to_do_the_bacon_fat_five_dollars.jpg

デトロイトのR&Bつながりで、アンドレ・ウィリアムスジノ・パークスザ・ファイヴ・ダラーズをご紹介させていただきます

gino-gino2-harmonytrain.jpg
Gino Parks

(ボーカルの破壊力、コントロール力の面で)最強のR&Bシンガーとして贔屓にしているジノ・パークスさんと、アンドレ・ウィリアムズによるロッキン・ブルース調のR&Bロッカーがワイルドで痛快!吐き捨てるように歌う不良スタイルのボーカルがドス黒く光る初期作品です。

five_dollars1.jpg
The Five Dollars aka The Don Juans with Andre Williams (right)

さらにアンドレ・ウィリアムズのヒット"Bacon Fat"でコーラスを担当していたザ・ファイヴ・ダラーズ aka ザ・ドン・ファンズによる"Bacon Fat"の改良バージョンは、「ベーコン・ファットの踊り方を教えるぜ」というノヴェルティー・ナンバー。これ曲自体は良いんですが、プレスの状態が非常に悪く、終始ヒスノイズが目立っています。まぁソレも含んだFortuneクオリティーがドラマチックという事で、お楽しみいただけると幸いデス。

Search-
"ANDRE WILLIAMS" to Night Beat Records
Source-
ANDRE WILLIAMS, Discography - Soulful Kinda Music
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 19:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTubeでレコード紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2014年03月11日

デトロイトR&B★アンドレ・ウィリアムス

ANDRE WILLIAMS - BACON FAT [Fortune 831] 1956



ANDRE WILLIAMS - BACON FAT [Fortune 831] 1956
(Andre Williams)
Trianon Publications BMI
Matrix Number: 831 B2

bacon_fat_andre_williams.jpg

ANDRE WILLIAMS - GOING DOWN TO TIA JUANA [Fortune 824] 1956



ANDRE WILLIAMS - GOING DOWN TO TIA JUANA [Fortune 824] 1956
(Andre Williams - Devora Brown)
Trianon Publications BMI
Matrix Number: 824 F30 224F39

going_down_to_tia_juana_andre_williams.jpg

ANDRE WILLIAMS - BOBBY JEAN [Fortune 828] 1956



ANDRE WILLIAMS - BOBBY JEAN [Fortune 828] 1956
(Andre Williams)
Trianon Publications BMI
Matrix Number: 828 F-63 23

bobby_jean_andre_williams.jpg

ANDRE WILLIAMS - MOZELEE [Fortune 827] 1956



ANDRE WILLIAMS - MOZELEE [Fortune 827] 1956
(Andre Williams - Devora Brown)
Trianon Publications BMI
Matrix Number: 827-F 48

mozelle_andre_williams.jpg

デトロイトのR&Bつながりで、アンドレ・ウィリアムスをご紹介させていただきます(たまってたので4曲一気にいきます!)

eric-ogden-andre-williams.jpg
Andre Williams

1955年にデトロイトのFortuneでデビューし、1956年に吹き込んだ"Bacon Fat"が、翌年にEpicレーベルより全米配給されナショナル・ヒットを記録。かなりドロドロとしたR&Bのブランニュー・ダンスながら、新しいリズムとして注目された。メインストリームにおいては、ハンク・バラード&ザ・ミッドナイターズに次ぐ、最初のデトロイト音楽のヒットとなる。

raw.jpg



↑関口弘先生監修の「ガレージ・パンク (ディスク・ガイド・シリーズ)」では関口先生もアンドレさんの事をピックアップされている。

2613291.jpg
"Bacon Fat" US Epic 盤のレーベル画像

英語版Wikipediaによるとアンドレさんの音楽スタイルはアメリカンR&B、及び“パンク・ブルース”と表現されており、ザ・ニューヨーク・ドールズや、MC5、ザ・ストゥージーズらの遺伝子に組み込まれていく(Punk bluesに関しては個人的に専門ではないので、興味のある方はWikiをご参照ください)。

andre-williams.jpg

50/60年代音楽専門なので「パンク・ブルース」というのはピンとこないので、アンドレさんの音楽性は「反骨精神のあるブルース=レベル・ミュージック(Rebel Music)」として捉えるのが一番しっくりくるかもしれない。激しい音色のロックだけがロックンロールではないのである。

a-fortune-of-hits-andre-williams-night-train-international-2011.jpg

“Mr. Rhyth and Blues”=アンドレ・ウィリアムズはなにせカッコイイのだ。個人的にはブルース・ルンバ的は"Going Down To Tia Juana", R&Bポップコーン的な"Bobby Jean", そしてその2曲の中間的な"Mozelee"がお気に入りです。

Search-
"ANDRE WILLIAMS" to Night Beat Records
Source-
ANDRE WILLIAMS, Discography - Soulful Kinda Music
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTubeでレコード紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2014年03月08日

デトロイトR&B★ザ・ガーデニアズ+ジーン・マーティン

THE GARDENIAS - I'M LAUGHING AT YOU [Hi-Q 5005] 1958



THE GARDENIAS - I'M LAUGHING AT YOU [Hi-Q 5005] 1958
(John Gibson - Lee HoHisel)
Trianon Publications BMI
Matrix Number: 5005-H 24

hi_q_5005.jpg

GENE MARTIN - I GOT THE BLUES [Lu Pine 106] 1962



GENE MARTIN - I GOT THE BLUES [Lu Pine 106] 1962
(Milton Jones)
Lu-Pine Music Alibri BMI
Matrix Number: 106-A ARP Sheldon

lu_pine_106.jpg

デトロイトのR&Bつながりで2作品ご紹介させていただきます

まずは"What's the Matter with Me?"がマイ・フェイバリット・チューンでもあった、アトランタのR&Bグループ=ザ・ガーデニアズによる1958年Hi-Q録音作です。



これもデトロイト・コブラスクラシックスで、いや〜、現代のクランプス?は絶妙なところに注目しますね〜。プライド・オブ・デトロイト!
楽曲はチャック・ベリー的な正調ロックンロールで、ドカスカやっちまうRawでワイルドな演奏と、迫力あるコーラスで痛快さを極めたデトロイト産トゥルーR&Bの傑作といえるでしょう〜。
ツイストでは岡ちゃんがプレイしドカスカ盛り上げてくれます。

falcons02.jpg
The Falcons

もう一曲の"I Got The Blues"は、ザ・ファルコンズに一時在籍したGene "Earl" Martinという人の1962年ルーパイン録音です。こちらはNew Breed R&B的なノリで渋カッチョえぇアップテンポ・ナンバーです。

いやー、デトロイトのR&Bは色々良いですね〜
Norton Recordsのビリー社長なんかもデトロイトR&Bのマニアとして知られており(とくにFortune/Hi-Qが専門)、ロックンロール音楽の全てを極めた人が、最終的に落ち着くところである理由がここにはあるような気がします。

Search-
"THE GARDENIAS" to Night Beat Records
Search-
"GENE MARTIN" to Night Beat Records
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 20:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTubeでレコード紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2014年03月07日

ガレージ派デトロイトR&B★ジノ・ワシントン

GINO WASHINGTON - OUT OF THIS WORLD [Wand 147] 1964



GINO WASHINGTON - OUT OF THIS WORLD [Wand 147] 1964
(George Washington)
Zann Music BMI
Matrix Number: 001A=WAND 147A=50136-1C

wand_147a.jpg

GINO WASHINGTON - COME MONKEY WITH ME [Wand 147] 1964



GINO WASHINGTON - COME MONKEY WITH ME [Wand 147] 1964
(George Washington)
Zann Music
Matrix Number: 001B=147B WAND=50137-1B

wand_147b.jpg

ジノ・ワシントンの"Out of this World"を紹介し忘れていたのでピックアップ!
裏面の"Come Monkey with Me"も間違いなく最高!

というわけでジノさんの63年Amonレーベル吹き込み〜N.Yのワンド配給盤の2サイダーをご紹介させていただきます。

90634547.jpg
Gino Washington

下の画像でも分かるんですが、バックはジ・アトランティックスという白人のロックンロール・バンド(見た感じは地元の体育館で演奏するパーティー・バンド)が演奏しており、クレイジーな白人バンド+ボルテージの高い黒人歌手というハイブリッドな混成サウンドは、デトロイトの気風を体現したものであり、異常にガッツのあるロックンR&Bナンバーとして仕上がった。

gino-washington-and-the-rochelles-with-the-atlantics-out-of-this-world-norton-records.jpg

我らがNorton Records編集によるベスト・アルバムがあるのですが、全時代を通して高水準なR&B〜ソウルが多いので、アルバム単位でもオススメのアーチストですよ!



Search-
"GINO WASHINGTON" to Night Beat Records
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 20:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTubeでレコード紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2014年03月06日

デトロイトR&B★ジェームス・ヴェルヴェット+ワイアット・シェファード

JAMES VELVET - BOUQUET OF FLOWERS [Cub 9111] 1962



JAMES VELVET - BOUQUET OF FLOWERS [Cub 9111] 1962
Recorded at Correc-Tone Recording Studio, Detroit.
(Bateman - Mack - Williams)
Armade Music BMI
Matrix Number: 62-OR-13-B-2

cub_9111.jpg

WYATT (Big Boy) SHEPHERD - NEED YOUR LOVIN', PART 4 [United Artists 216] 1960



WYATT (Big Boy) SHEPHERD - NEED YOUR LOVIN', PART 4 [United Artists 216] 1960
Produced by Berry Gordy, Jr..
(Berry Gordy, Jr. - Anna Gordy)
Jobete Music Co., Inc. BMI
Matrix Number: ZTSP62180-1

united_artists_216.jpg

デトロイトのR&Bつながりで、わりとマニアックなジェームス・ヴェルヴェットワイアット・シェファードという2アーティストの2作品をご紹介させていただきます

1282441.jpg
Robert Bateman が在籍した The Satintones

"Bouquet of Flowers"は、のちにモータウンで作家として有名になる、ロバート・ベイトマンが作曲に関わった初期作品で、コレクトーン・スタジオ録音作品。
おおげさなストリングスが大変目だっているが、この音色が後のモータウンでのヒット=エディー・ホーランドの"Jamie"なんかにつながっていくと考えたら、デトロイトのR&B〜ソウル史は奥が深いな〜と思いますね。

147621.jpg
Benny Benjamin

荒ぶるドラムスはモロにベニー・ベンジャミン(のちのモータウンのハウス・バンドとなる、ザ・ファンク・ブラザーズのドラマー)

Gordy_Barry_Jr.jpg
Berry Gordy Jr.

で、またモータウン関連となる"Need Your Lovin'"(なぜかパート.4となっている)はツイスト・タイプのアップテンポ・ナンバーで、モータウン社長となるベリー・ゴーディJr.が手がけた初期作品だ。ゴーディー氏はこのUAレーベルでマーブ・ジョンソンで成功しているが、本作は不発に終わった。

berry_gordy_jr02.jpg
Berry Gordy Jr.

モータウンは一夜にしてならず!

Search-
"JAMES VELVET" to Night Beat Records
Search-
"WYATT (Big Boy) SHEPHERD" to Night Beat Records
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 19:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTubeでレコード紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2014年03月05日

デトロイトR&B★ジーノ・ワシントン+デイヴィス&ジョーンズ&ザ・フェンダーズ

GINO WASHINGTON - GINO IS A COWARD [SonBert 3770] 1964



GINO WASHINGTON - GINO IS A COWARD [SonBert 3770] 1964
(Ronald Davis)
B-Bert & Correc Tone Pub. BMI
Matrix Number: R4KM-3770-2

gino_is_a_coward_gino_washington.jpg

DAVIS & JONES AND THE FENDERS - BOSS WITH THE HOT SAUCE [Derry 102] 1964?



DAVIS & JONES AND THE FENDERS - BOSS WITH THE HOT SAUCE [Derry 102] 1964?
(G.Davis & W.Jones)
Lochmoor Music Corp. BMI
Matrix Number: RHKM-9186-1

デトロイトのR&Bつながりで、ジノ・ワシントンデイヴィス&ジョーンズ&ザ・フェンダーズの2曲をご紹介させていただきます

Gino Washington - Love Bandit.jpg
Gino Washington

ガレージィR&Bクラシックス="Out of This World"でお馴染みのデトロイトの歌手で、2014年も現役活動中。しかも知り合いのレコード屋の店主=ブラッド氏がギタリストを担当しているので、わりと身近に感じている存在!

Gino Washington-Gino Is A Coward (3-2-13)

右のギタリストがブラッド氏

Gino-Washington2-600x400.jpg
Gino Washington @ ブラッド氏が運営レコード店にて

"Gino is a Coward"はR&Bというよりは、ロック寄りなサウンドが特徴的だ。上に貼った動画のサウンドと比べてみると、ロック編成のバンド・サウンドと非常にマッチするのが分かる。「ロックンロールは不滅」といわれる所以を痛感せずにはいられない。

cobras500.jpg
Detroit Cobras

デイヴィス&ジョーンズ&ザ・フェンダーズはマイナーなR&Bグループですが、"Boss with the Hot Sauce"はザ・コントゥアーズ="Do You Love Me"風のツイスティン・ナンバーで絶賛ご機嫌!またデトロイト・コブラスの"Boss Lady"の原作としても知られています。

img_662224_13418600_0.jpg

Candy編集のコンピレーション・アルバム「Shakin' Fit!」(↑)に収録されており、これで初めて聞いた時にはぶっとんだな〜

Search-
"GINO WASHINGTON" to Night Beat Records
Search-
"DAVIS & JONES AND THE FENDERS" to Night Beat Records
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 20:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTubeでレコード紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

2014年03月04日

デトロイトR&B★ザ・ファルコンズ+リー&ザ・レオパーズ

THE FALCONS - YOU MUST KNOW I LOVE YOU [Flick 008] 1959



THE FALCONS - YOU MUST KNOW I LOVE YOU [Flick 008] 1959
(W.Schofield - R.West)
West-Higgins Pub. Co.
Matrix Number: S-561 Sheldon

you_must_know_i_love_you_falcons.jpg

LEE & THE LEOPARDS - COME INTO MY PALACE [Laurie 3197] 1962



LEE & THE LEOPARDS - COME INTO MY PALACE [Laurie 3197] 1962
(W.Stevenson - L.H. Moore)
Jobete Music Co., Inc. BMI
Matrix Number: A1 P4KM-2614--1A

come_into_my_palace_lee_and_the_leopards.jpg

デトロイトのR&Bつながりで、ザ・ファルコンズリー&ザ・レオパーズをご紹介させていただきます

falcons02.jpg
The Falcons

ザ・ファルコンズはデトロイトを代表するR&Bグループのひとつで、ウィルソン・ピケットエディー・フロイドマック・ライスジョー・スタブスといった名だたるソウル歌手を輩出した「名家」とも呼べるグループです。1959年の"You Must Know I Love You"ではジョー・スタブスがリードを担当

1502775.jpg

リー&ザ・レオパーズは、レア・モータウン専門のMotown Junkiesさんによる検証でも不明となっていますが、とりあえず Lee Henry Moore という歌手が中心となったグループとのことです。
ちなみに本作は上に貼ったレーベル画像のGordy #7002でもリリースされており、今回取り上げたLaurie盤は1963年のディストリビュートながらに珍しいプレスです。

Search-
"THE FALCONS" to Night Beat Records
Search-
"LEE & THE LEOPARDS" to Night Beat Records
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 19:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTubeでレコード紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく

来週水曜日・スナック野良猫 at Night Wax にてDJありますのお知らせ。

※2014.03.07更新

2014.3.12(水)
毎週水曜日 スナック野良猫 at Night Wax


DE.jpg

944d9c3bcb49e14ab6d6948f9bbd2855.jpg

20:00〜 Charge:500円

「出張スナックユニット、スナック野良猫 どこでもスナックどこでも野良猫」さんにDJでお邪魔っ渋グッド(上向き矢印)
Night Beat Records スタッフのJohn Leeこと、ジュン君と二人でロングプレイです。
それに加えてオーストラリアン・モッド=チャドさんがゲスト参加してくれます。
ジュン君の紹介なので初対面ですが、オーストラリアの60'sパーティーでは知られた存在との事で、プロフィールを見たらDJもオリジナル盤7インチを用いたスタイルという事でどんなプレイを披露してくれるか楽しみです!

----------------------------------------------------------
【DJ Big Ear Chad Profile】

chad dj.jpg

オーストラリアの陽気な西海岸、DJ Big Ear Chaは60年代の素晴らしい音楽を奏でている。

10年以上にわたり、Norfolk hotelで毎週レジデントDJを勤めながら
Hula BulaやSoulville、Sh'monなど名門パーティにGuest DJとして参加している。

きっとあなたも世界中のレコードショップやフリーマーケットでレコードを探すChadを見つけることが出来るだろう。
あなたのかかとを鳴らせるために、指をパチンと鳴らせるために、楽しい時間を過ごすために
ファンク、リズム&ブルース、ソウルの素晴らしいチューンを全てオリジナル45sでプレイします!

from the sunny west coast of Australia, Big Ear Chad is a DJ with a love of all good sounds from the 6ts.
holding down a weekly residency at the Norfolk hotel for over 10 years and guesting at Hula Bula, Soulville and Sh'mon - when not behind the decks Chad can be found trawling records stores and flea markets far and wide around the world.
expect a set of funk, rhythm&blues and soul aimed squarely to get your toes tapping and your fingers snapping - the aim is to have a good time.
great tunes, all played from original 45s.
----------------------------------------------------------



個人的には普段のR&B/R&Rとは趣きを変えて、「Night Waxのサウンド・システムで愉しむウォール・オブ・サウンド」と題したセレクションをお届け予定!
というのも、先日の「山下達郎:サンデー・ソングブック」での“ひなまつり・ガールシンガー・ガールグループ特集(EIICHI'S FAVORITES SPECIAL)”に影響され(単純。けどきっかけってだいたいこんな感じね)個人的に60'sガールズポップ・ブームが絶賛再来!
とはいえど、レコードは常に買っているので、新しいのや珍盤奇盤等、良いのがたくさん集まっております。
60'sポップス・ファンの方はもちろん、大瀧詠一さんのサウンドがお好きな方にはぜひ聞いていただきた想いです。DJとして、それだけでは一本調子になるので、サーフ系やティーンものなどを織り交ぜて多彩な音色を愉しんでもらえるようにしようと思っています。

さらに先日のJunkersの時、オーナーの林さんがヴィンテージUSプレッシングにも対応したサウンド・システムのセッティングを編み出してくれたので、US盤のサウンドにもマッチしています。
そこでPhillesレーベルに代表される、すんごい音で鳴るUSオリジナルの7インチのみをたっぷりとプレイいたしますので、耳で身体で感じながら、美味しいお酒を飲んでもらえると幸いです。

さらに本気のR&B(Rockin' Blues, New Breed, Popcorn, Latin etc.)も1セット(約1時間)プレイします。

賑やかなウェンズデイ・ナイトになりそうだ!
♪ナイトビートレコード♪
posted by DJ JAMES at 19:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | DJ出演イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Twitterでつぶやく
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。